作成者別アーカイブ: nicosion

斎藤英子

【略歴・土日画廊コメント】

1980 女子美術短期大学専攻科造形専攻生活デザイン修了

個展 
1998 ∞・時空・よくばりアンテナピッピー(小野画廊・東京)   
1999 Blue Moon-vol.2(ギャラリー21+葉ANNEX・東京)    
2005 ギャラリー21+葉(東京)    
2006 トキ・アートスペース(東京)    
2007 ギャラリーなつかb.p(東京)    
2008 ギャラリー21+葉(東京)    
2009 ギャラリーなつか(東京)    
2010.03 ギャラリーなつかcross(東京)    
2010.07 ギャラリーなつか(東京)    
2011 徳島県神山町 旧梅里/

空家地面に散った椿の花びらが徐々に薄茶色に変色し始める様を、斎藤さんは美しく感じ好きだという。その言葉を聞く度に、人も動物も、虫も植物も、生まれて生きて、死を迎え、大地に帰って行く、「生命の時間」を愛でる象徴的な言葉として私は捉えています。今回の個展ではその椿をモチーフにしたオブジェを画廊空間の中に散りばめます。アクリル板や塩ビに絵具と指で描画した作品を床や空中に演出。光や影が空間をより密度の濃い物にしてくれるでしょう。斎藤さんの美術活動の原点は子供のころから今も暮らし続けている武蔵野の風景。畑や樹木が太陽に照らされ、刻々と移り行く光や色彩の変化を観詰め続けててきたこと。そして泥んこ遊び。その延長線上に陶芸がある。陶芸の制作については詳細は聴いていないが、土を捏ねくるという行為は、今回のアクリル板に描く場合にも適応され、あくまでも素手で感じることを大切にしているという。昨年の秋、斎藤さんが人の紹介で土日画廊に来廊され、自然光の入る画廊を探していてこんなことをやりたいと、その思いを切々と語られ、作品ファイルを見せてもらったのが出会いでした。作品は針金、ビーズ、梱包資材、和紙、布・・・など、日常目にする身近な物を使って造ったオブジェを天井から吊るしたり床に置いたりした、光や影自体も含めた空間全体が作品といえるものでした。写真から想起したのは、空気 水 雲 雨 ヒカリ光線 時間 刻々と移り行く物 と 透き通った空気感。全てが、斎藤さんの子供時代から大人への成長過程で感受、体感されたことの表出なのでしょう。画廊という閉塞された空間の中に、既に消えてしまったり、今も進行する美しい風景の喪失を、なんとか取り戻そうとするかのような、斎藤さんの切なる願いでもあると感じました。昨年起こった数々の悲劇は斎藤さんの心も深く痛めつけました。今回の制作が、地球の活動という、計り知れない自然界の巨大なエネルギーへの畏怖を抱きつつ、失われた多くの命に対する鎮魂の気持と重なります。                     
土日画廊 板橋

【土日画廊での過去の展覧会】
斎藤英子 展
2012年4月5日(木)~4月22日(日)       
open 木曜日~日曜日 12:00~19:00    

椿を描いたアクリル板や塩ビのオブジェが空間に舞っています。内も外も春爛漫です。

甲賀勝雄

【甲賀勝雄 略歴・土日画廊コメント】

1943年 福島県生まれ  
 69年 「美学校」立石鐵臣教場にて細密画ご学ぶ。             
    師から最も良く学び得た学生として、この年度の特待生となり、次年度の学費免除となる。
 70年 同校、加納光於教場にて銅版画を学ぶ。     
    以後、独学で研鑽を積み、現在に至る。     
    (アトリエ no.524 10/’70に細密画作品掲載)      
    美術に対する誠意は揺るぐ事が無く、その制作意欲に止まることがない。   
 89年 安藤祐氏(美学校一期生)と 二人展(ギャラリー・キゴマ(国立)  
 94年 腐食 銅版画展 ー行合 の空ー (プラザギャラリー 仙川)  
 03年  腐食銅版画展 ー版の風景ー(土日画廊)  
 06年  個展ー夢封じー1996 細密画を中心に(土日画廊)  
 07年  腐食銅版画展(土日画廊)

銅版画は腐食されて版を造るので、「腐食銅版画」というのは妙に思われるかもしれません。それを敢えてそう呼ぶ理由は、甲賀さんの制作過程に有ります。通常、防食剤は銅版の腐食液を浸透させたくない部分に塗るのですが甲賀さんの場合は、その防食剤に液が微妙に浸透する独特な加工を施し、その濃度と、腐食液に浸けた時間とのバランスで銅板表面に、変化に富んだ傷を浸けます。いはば偶然が生み出す絵とも言えます。防食剤の配置と腐食の時間と、そこに温度や湿度という要因が加わり、作家の絶妙な「感」が働くのです。「腐食で描く」というような気持なのです。そのようにして生まれてくる作品は、観詰めていると、妙に懐かしい風景に出会ったような感覚になります。作家自身は、風景を表現しようと目論んでいるわけではなく、むしろ情緒的な要素を避け、より純粋な形態表現を目指して来たと、私は理解しています。 しかし、観る側には、気温とか静寂感とか、皮膚を通して感覚を刺激されます。作者の意図と反する、このような現象がわたしには興味深く思われます。                    
土日画廊 板橋正子  

久住卓也

【久住卓也(くすみ たくや)略歴】  
1963東京生まれ。神田「美学校」にて岡部徳三に版画を学ぶ。  
その後、イラストレーターとして、広告、雑誌、絵本などで活躍。  
’88実兄の作家久住昌之との兄弟ユニット「Q.B.B.」としてまんがも発表しはじめ、
’99「中学生日記」で文春漫画賞受賞  
他に「とうとうロボが来た!」「ヨ-チA」「新中学生日記1~8」などがある。
’08からシルクスクリーンによる「てぬぐい」作品の制作をはじめ、展覧会やワークショップを多数行っている。

【土日画廊での過去の展覧会】
久住卓也 くすくす てぬぐい展
2011.9.8 (木) ~ 9.25 (日)  open 12:00 ~19:00 木.金.土.日
_93y_93_faDM__9

ポップでロックなどこにもないハンドメイド手拭いが今年も土日画廊に登場。展示、販売します。  
★同時開催「帰ってきた!古本屋台展」彷書月刊に連載していたQ.B.Bのまぼろしの名作まんが「古本屋台」の原画、コンテ、下描き、手拭いなどをずらりと展示。必見!!
※「彷書月刊」は、古書店「なないろ文庫ふしぎ堂」店主故田村治芳氏が編集・発行していた月刊誌です。
2010年10月、300号をもって惜しまれつつ廃刊となりました。

久住卓也 てぬぐい展   
銭湯シリーズ と ウクレレ手拭を中心に   
2010.5.13(木)~5.30(日)
   
シルクスクリーン作家で西荻の古書店「なずなや」さんをやっている石丸澄子さんと久住さんとのトークをやりました。(駄菓子付き)   
そういえば以前はお二人で「てぬぐい二人展」をやっていましたっけね。手拭い談義に花が咲きました。

久住卓也 てぬぐい展 
オリジナルハンドプリント ”KUSKUSU TENUGUI”
2009.7.9(木)~7.26(日) 
銭湯シリーズで大好評。全て実在の銭湯で、しかもご本人が取材入浴済み。 
DMの「燕湯」は鴬谷にある銭湯で、なんと!その昔新潟から出て来た創始者のご親戚が来廊。当画廊の若いお客様でした。戦後間もなくのこと、上野駅に夜行列車で早朝着く、郷里新潟からの同胞達に、まずは朝風呂の熱い湯で疲れをほぐしてもらおうとこの風呂やをつくったそうな。 
因に、屋号の由来は、その夜行列車の名前が「燕」だったか、出身が「燕市だったか」、いずれにしても心温まるお話でした。

久住卓也 展 「てぬぐい」   
QBB久住卓也のオリジナルてぬぐいなどいろいろ。   
2008.7.4(木)~8.3(日) 会期中無休でした。   
第一回目の久住展は日中のうだる暑さと、夕方の冷たいビール(有料)に団扇でくすくすてぬぐいがぴったりでした。

河野圭一

【土日画廊での過去の展覧会】

河野圭一展【油彩と版画】
2015年11月19日(木)〜12月6日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

リトグラフ 紙サイズ 380x280mm

リトグラフ 紙サイズ 380x280mm

河野コメント
初期の頃から、対象を見ないで白紙の紙やキャンパスにむかう制作方法をとっています。シュールレアリスムのオートマティスムやアンフォルメルについてバタイユが考える消尽のような感覚が近いかもしれませんが、目と手と記憶をたよりに曖昧な中に表れる自然発生的なものをつかまえた様な産物になっています。何かを表現するというよりも、身体感覚と初期衝動による所が多いです。
一般的には絵のモチーフを外に探し求めたり、考えを作品に反映させて制作される方が多いので、その意味では、この方法はわかりづらくて不親切なのかもしれませんが、ご意見ご感想をおねがいします。
掲載の作品タイトル:「MABUI」
「マブイ」とは琉球語で生活の根本力をなすもの、仮に漢字で名付ければ精魂というべきもの。地域によっては人の体にこの「マブイ」は3、5、7つあるといわれ強い衝撃に合うと落としてしまうという。抜けてしまった「マブイ」を戻す儀礼をマブイグミという。
百科事典より

 

河野圭一 展 【油絵】
2012年11月15日(木) ~ 12月2日(日)
open 木曜日~日曜日 12時 ~19時

_89_cd_96_ec_8c

 

 

 

 

 

 

作品はキャンバスに油彩。(左の作品:「作品X 」 72.5×53cm)
作家在廊日:11月15日(木)、22日(木)、24日(土)、25日(日)、29日(木)、12月2日(日)

河野圭一ホームページ

略歴
1969年生まれ 神奈川県在住
1986年~1995年の間の9年間を「美学校 」(神保町) 菊畑茂久馬 絵画教場で学ぶ。
1991年 個展 ギャラリーサガン(東京)
1993年~2008年の間に6回の個展をギャラリー21+葉ANNEX (東京)にて開催。
1996年 グループ展 横浜市民ギャラリー他 多数。
2008年 個展 FIELD(東京)2010年、2012年 個展 SPC GALLERY(東京)

遠藤昭

【遠藤昭 略歴】
1931年 栃木県足利市生
1956年 東京芸大彫刻科卒業
1957年 モスクワ世界青年学生平和友好祭美術部門で銅賞
1958年 雑誌「形象」編集執筆
1962年 養清堂 個展
1982年 足利市立東小学校校舎移転記念事業「自律の像」制作
1995年 足利美術館 郷土出身の作家による3人展  

個展、グループ展で作品を発表。その回数は数えきれない程多数。これからも続く。  
毎年8月15日には、あの戦争体験を風化させないことを願い、若い作家達と共に「815展」を開催している。  
立体、平面、素材も多様。遠藤さんの体内に宿る創造魂を豊富なアイデアと技術が支える。  
制作の根底に流れるテーマは「尻」と言い切る。かつて林檎をモチーフに制作していたが、遠藤さんにとってこれはエロスの権化。   
今回の風景画は長年温めてきたテーマの一つ。遠藤さんにしては比較的おとなしい作風になったが、やっぱり怪しい空気が漂っている所が、遠藤昭 健在といった所です。

                          土日画廊

【土日画廊での過去の展覧会】

遠藤昭 風景画展  
endo_Don_t_pull_2  
ー蒼い空 黄色い雨ー
2011年12月15日(木)ー 12月25日(日)     
木金土日OPEN 12時ー19時

内田かずひろ

【プロフィール】
1964年福岡県生まれ マンガ家・絵本作家。   
 代表作に『ロダンのココロ』(朝日新聞出版)。   
 現在「ビッグコミックオリジナル増刊」(小学館)に『公園童子』を連載中。

【土日画廊での過去の展覧会】
内田かずひろ 展 『 マドノコバコ 』
_93_e0_93c_82_a
2012年9月13日(木)~30日(日) open 木・金・土・日 12:00~19:00

今回の展示『マドノコバコ』は、集英社「小説すばる」に連載中の作品です。   
どうぞ、いろんな窓を覗きに来て下さい。

内田かずひろブログ http://rodakoko.exblog.jp/

岩切章悟

【岩切章悟略歴】

岩切 章悟 : 絵人/eto
児童画専門イラストレーターの母の影響により、幼少の頃から自然と絵を描いていた。
未知の環境での制作を好み、数十カ国もの国で絵を描く旅をする。
中でも強く影響を受けたのが中米南米を中心とするラテンアメリカの先住民文化であり彼らとの生活を通しシャーマニズムに触れ、その経験が自身の絵画世界の中にも大きく反映されて行く。
2007年から約2年半のラテンアメリカへの旅を終え、
2009年 帰国。
個展や壁画制作 LIVE PAINTを中心に日本での活動を再開。
2011年 東日本大震災を機に自然との循環をコンセプトに『 地球と共に生きてゆく 』という気持ちを込めた[★ con tierra ☆]シリーズを発表する。

岩切章悟YouTube http://www.youtube.com/user/shogo53horse/

【土日画廊での過去の展覧会】
岩切章悟 展 [ LAS HOJAS ]
2013年11月14日(木)~12月1日(日) OPEN 木曜日~日曜日 12時~19時

iwakiri_webdm

井上まさじ

96659687
DSC_0023
DSC_0025

自分の作品を自分の言葉によって説明する事は、それ事態がある矛盾であると思っています。それは、私自身が、言葉によってリアルに伝えられないもどかしさを絵具にたくして絵画という方法で表現しているということだと思います。それでは絵画なら充分に伝わるかと言えば、これも又、充分とは言えません。しかし、言葉では表現しずらいことを表現するという意味において、自分には絵具が一番自由なのだと思います。
今の絵画のスタイルも、理論的に考えてできた訳ではなく、毎日の自由な絵具遊びの中から悩み、苦しみ、発見し、それを楽しむ。そんなくり返しと偶然の積みかさねの中から自然に生まれてきたものです。では私はいったい何を伝えたいのか?といいますと、それは、生命の根源である宇宙をも含めた自然と、その尊さ、広大さ、繊細さ、そして美しさであり、それらに出会った時の自身の感動だと思います。したがって、色彩の選択も考えながら使っている訳ではなく、自然の四季の中で、自分の心の中に蓄積しているささやかな感動をそまま色彩として呼吸するようにはき出しているものです。
私が今、暮らしている北海道という土地はとても美しい自然につつまれています。冬の真っ白い雪原に射し込む光。春のやわらかい光の中でいっせいに顔を出す草花達。夏のぬける様な空。色濃い緑の山々。秋の燃えるような紅葉と澄んだ空に広がる夕陽。そして又、真っ白な雪の世界へと戻ってゆきます。そんなくり返しの時間の中での私自身の心の反応の蓄積が、私の絵画なのだと思います。
自然はとても広大で、美しく繊細で、時としてとても厳しく、そして淡々と生と死をくり返します。人間の肉体は自然そのものです。その事を自身の心で受け入れながら、ゆっくりと生きてゆきたいと思っています。
(1995年9月13日 井上まさじ 記)

※上記の文は、1996年ポーランド・ワルシャワで開催された個展に際し記された井上さんのメッセージです。翻訳されることを前提になるべく訳し易い言葉を選んで表現されている、とのことです。

【井上まさじ 略歴】
1955年 愛知県豊川市生まれ
1986年ー1989年    個展 LABORATORY/札幌
1990から現在まで毎年 個展 ギャラリーミヤシタ 新作発表

1996年 個展 GALERIA KUCHINA SBWA/ポーランド・ワルシャワ
「北海道・今日の美術 語る身体・10人のアプローチ」
北海道近代美術館/札幌
1998年 「知覚される身体性」 芸術の森美術館/札幌
2006年 個展「画層の堆積」 マキイマサルファインアーツ/東京
2008年 個展 ギャラリーエクリュの森+土日画廊(静岡・三島 東京・中野)
2009年〜2012年 個展 土日画廊
2014年 新収蔵品展 (北海道立近代美術館/札幌)
2014年〜2015年 個展 土日画廊

パブリックコレクション
・手稲稲穂整形外科病院/札幌
・NTTユーネットビル/札幌
・苫小牧市立病院/苫小牧
・北海道立近代美術館/札幌

【土日画廊での過去の展覧会】
井上まさじ展
2014年10月30日(木)〜11月23日(日)

井上まさじ展
2012年10月18日(木)~11月4日(日)

inoueweb_97p201
ボードにアクリル絵具     257×182cm

【作品】
inoue_94_92_82_
井上まさじさんは札幌の郊外にアトリエを構え制作しています。愛知県出身の井上さんがわざわざ北海道まで行き、制作の場を持つに至るまでには紆余曲折がありこの紙面では説明を省くとして、結果、大いなる自然の中に描くことのテーマを見出しました。
井上さんが表現の対象としていることは単純に言ってしまえば自然の営みの根源的なところ自然の秩序を理解し近づくことです。自然の秩序とは、四季折々の気候の変化とか植物の営みや自然界全体の物理的な現象の規則性ということだと理解しています。
このような壮大なテーマを平面で表現する為に試行錯誤の末に独自の技法を生み出しました。偶然性と制作体験の中の記憶に支えられ、実験と発見を繰り返す忍耐は制作上の基本的な姿勢で、制作しながら対象への理解を深めようとしています。 作品は大雑把にペンの仕事とタブローの仕事と2種類に分けることができます。
ペンの仕事では点・小さい丸・ラインをそれぞれフリーハンドで画面一杯に埋めつくします。一日の中で時間を決めて毎日机に向い、数日あるいは数ヶ月を要して一つの作品を描きます。考え方によっては日記のようなもので、日々の体調や気候に左右されることでしょう。画面は非常に静謐ではありますが、日々の微妙な変化が画面に揺らぎをもたらします。フリーハンドで描くこの単純な動きあるいは呼吸と言っても良いかも知れませんが、それ自体地球の営みにリンクしているように、井上さんの身体性を感じます。
タブローはボードにアクリル絵具を重ねてはサンドペーパーで削るということをくり返し、下からでて来る絵具の層で成り立たせています。それはあたかも何億年かけて形成される地層を美術の中で再現したいのではないかと想像します。タブローにおいてはかなり具体的な自然界の要素である空気感や温度、水分あるいは鉱物質などのイメージ現れています。
ペンの仕事と絵具の仕事とでは一見すると双方が全く関わりのない内容に感じられますが制作方法において作品中になるべく感情移入を避け、あくまでも自身の身体を頼りに自然に寄り添うという姿勢において井上さんの中で共通している仕事です。
最後に、タブローの仕事の大きな特徴は、絵具のイメージが決定された後、アクリル系の透明メディウムで1~2mmの高さになるまで画面上にローラーをころがし、繊毛のようなもので画面全体を覆います。このことで画面に当たる光線の出入りが規則性を持ち、色彩が見る人の網膜に固有色をよりはっきりと認識し易くしたり光の移動とともに色彩が揺らいでみえたりします。このようなことも、永い制作経験の中から気づいていったことです。

 

 

板谷諭使

【板谷諭使 略歴】

1961年 北海道苫小牧生まれ  
 82年 純生展協会賞 
 83年 北海道教育大学教育学部美術科卒業 
 90年 全道展佳作賞:札幌市民ギャラリー    
    新制作展出品(以後毎年出品):東京都立美術館 
 91年 全道展奨励賞 
 92年 全道展協会賞 
 94年 釧新郷土芸術賞 
 97年 釧路市作品収蔵 
 98年 日本美術家連盟会員
2000年 福井県恐竜文化賞優秀賞(絵本部門) 
 01年 全道展会員 
 02年 第一回具象の新世紀展:札幌時計台ギャラリー他 
 04年 損保ジャパン選抜奨励展:損保ジャパン東郷青児美術館 
 05年 リキテックスビエンナーレ:青山スパイラルガーデン
     舞踏家工藤丈輝とコラボレーション:モケラモケラ:ジス・イズ
   新制作協会協友・全道展科委員・純生展会委員  

個展は、1990年の旭川で開催以来、稚内、札幌、帯広他、北海道内各地でほぼ毎年行っています。  

以下は前回の個展メモです。  
画家として制作、発表されている一方で、福祉関係のお仕事にも携わっています。  
また、画廊「モケラ モケラ」(旭川市内)を主宰、障害をお持ちの方々の作品展の企画などをされています。
いずれも人と交流するお仕事で、板谷さんのその外へ向かう感性が、今回ご覧頂ける作品の中に、温かい空気となって流れているように感じます。   
油彩、テンペラ、パステルなど、混合して描いています。心に思い浮かぶイメージを、気持ちの向くままに筆を走らせ、その色やマチエールを楽し(んでいるように見える)む。
そんな、うきうきとした気持ちにさせられる作品です。平面の作品 20点ほかに小さい立体の作品も展示致します。
北海道に生まれ、育ち、そして、ずっぽりとその中で呼吸しつづけている板谷さん。  
その北国に、どんな思いを抱いているのでしょうか。  
大地、大空、風、雪、そんな自然を、まるで旅行案内のように北海道を美化して思い描いてしまいますが、生活となればまた別の表情があるのでしょう。  
板谷さんを育んでいらした北国の空気を作品の中に見つける事ができるでしょうか。    
「絵」を読み解くのは、あなたです。                                 
おまけ1:「モケラ モケラ」にて今年、渡邉知樹さん(昨年土日画廊で個展)が作品展を開催。板谷さんとお知り合いの南kuukuuさんからご紹介を頂いて実現しました。       
北海道の夏と、画廊の居心地の良い空間、個展も盛会で、渡邉さんは充実した時を過ごされたようです。    
おまけ2:「モケラ モケラ」では今年10月に「モケラ道北ツアー」と題してコントラバス奏者の齋藤徹さんのコンサートツアーを企画しました。       
その旅の日々を、齋藤さんご自身のブログで紹介しています。北海道のひんやりとした透明な大気が伝わってくるような、清々しい
気持ちの良い内容です。板谷ご夫妻のこと、モケラモケラの活動の一端を理解して頂けることと存じます。是非下の「モケラ道北ツアー」をクリックして下さい。

モケラ道北ツアー http://travessiart.com/blog/511/             

【土日画廊での過去の展覧会】
板谷諭使 展  
_83C_83_5e_83_8_2
2008年4月24日(木) – 5月11日(日)
木金土日 OPEN 12:00-19:00

板谷諭使 展

2008年4月24日(木) – 5月11日(日
木金土日 OPEN 12:00-19:00

石田百合

【土日画廊での過去の展覧会】

石田百合展 ー受粉告知ー
2009.11.26(木)ー12.13(日)・木~日OPEN
_90_ce_93c_95S__2
素材:フエルト 他

石田百合展 ー夜のきゅうこんー
2008年2月21日(木)ー3月9日(日) 木-日開廊 12:00-19:00
DSC_0036

3月12日(木)メモ                   
終了いたしました。ご来廊頂き有り難うございました。今回の思い切った素晴らし境地が、これからどのように展開されるのかとても楽しみです。
2月21日(金)メモ                   
会期のちょうど真ん中となりました。今回は8点の展示。今までの石田さんの個展では珍しく少ない展示数かも知れません。
でも、そんなことは問題じゃない、ということを、お出で下さったお客様にはご理解頂けたと、画廊としては自負。それは石田さんの作品の完成度と密度によります。昨年8月、銀座での個展での体験をベースに、多分いままでにない石田さんの本性を現した作品になっているかもしれません。それは危うく切なく、美しい「命の連鎖」という世界です。フエルトというと手工芸、というイメージがありますが、それを「造形」という意識に繋げる石田さんの感覚に私は今後の展開に期待をもつのであります。
オープニングメモ 
そうなのです。石田さんの作品はいつもミステリアス。植物をテーマに制作する事が多いようですが、その植物も、 食中植物のように、多分肉食。生まれてくる作品に得体の知れない「黒い蜜」の香りが漂う。サブタイトルのー夜のきゅうこんー、妖しい。       
今回はほとんど新作を展示。昨年からの新しいイメージを 追っている。艶かしくもパワフルな石田さんのワールドを展開しています。         
是非ともご高覧下さいますように。

_8d_ec_95i_8e_c_2

DSC_0006

DSC_0018

DSC_0022

DSC_0043

DSC_0044

DSC_0051

DSC_0054

DSC_0060

DSC_0070

DSC_0079