作成者別アーカイブ: nicosion

安藤 祐

【安藤 祐について/略歴】
DSC_0053「回転」という事に随分永い間拘ってきた。渦とか蝶番がテーマとなり、ドアや回転する紡錘形のオブジェを造っている。皮肉なことに、テーマの中心となる物としての蝶番はオブジェの中に埋め込まれ、その機能だけが露呈される。一方で平面でも回転をテーマに描いている。オブジェで表面化した蝶番の機能を平面に置き換える、ということなのか。この仕事も縦横各2mもある大作から小さいものまで永い年月を費やして描き続けている。この作品を観て「曼陀羅」と言った人がいる。安藤さん本人はそんなつもりはないと言っているのだが、この画面の内容はもとより作品の量も含めて、安藤さんを知る人のなかには描く行為の中に求道的な空気を感じる人も少なくない。「造っている時間・描いているその一瞬一瞬」が安藤さんにとって生きている時間の表明なのだと勝手に感じている。    

略歴      
1943年 神奈川県川崎市に生まれる。         
    戦後静岡県富士市へ。     
 61年 県立富士高校卒業。上京するも放浪。     
 67年 再度上京。 東京芸術学院に通い、尾崎貢(修復家)、甲賀勝雄(腐食銅版画家・細密画)らを知る。    
 69年 美学校・中西夏之教場に通う。     
 70年 油彩制作。     
 78年 デッサン帳、リトグラフ作品等の制作。     
 80年 ガッシュの制作を始める。     
 84年 個展 (中野 テレプシコール)     
 89年 甲賀勝雄氏と二人展 (国立 ギャラリーキゴマ)     
 91年 秩父山中にアトリエ移転。     
 93年 個展「箱夢の庭」蝶番で (調布市 プラザギャラリー3)     
 02年 個展 曼陀羅で (相模湖交流センター)     
 03年 個展 蝶番 ’86年~’90年の仕事より (中野 土日画廊)     
 06年 個展「野外絵画展」 (新宿区内藤町 ラミュゼ deケヤキ)     
 07年 甲賀勝雄と二人展 (世田谷美術館区民ギャラリーA室)     
 09年 個展 旧作のオブジェによるインスタレーション      
     「And youと遊ぶパコパコ」(新宿区内藤町 ラミュゼ deケヤキ)     
 10年 個展「自閉する27(3×9)のPACO・PACOーハート形によるー」                          
(中野 土日画廊) 

【土日画廊での過去の展覧会】

_88_c0_93_a1_97_2
安藤 祐 展
ー 静止に向かって ー
途上の月     
2010.11.18(木)ー11.28(日) open 木~日 12:00-19:00  
木村 由 ダンスパフォーマンス( 企画:安藤 祐)      
11.27(土),28(日) 各午後5時~     

DSC_0054
安藤 祐 展
自閉する27(3×9) のPACO・PACO ーハート形によるー
2010年2月11日(木)ー2月28日(日) 12時ー19時 OPEN木金土日
木村由ダンスパフォーマンス   
2/21(日)・2/28(日) 各日18時から  
定員15名位 要予約   
⇒投げ銭をお願い致します。     

上の日程以外にも、 お天気次第で出没します。     
秩父は”アジア”だ! と実感したのは、この1月、秩父、皆野の山間にある安藤さんのアトリエを訪問して新作のオブジェを観た時です。美しいハートの立体もさることながら、その色彩です。野生味のあるこの原色に近い色達が、谷間にあるアトリエの庭の濃い緑や灰色の石によく似合う。この感覚は懐かしいような、どこかで体感したことがあるような。思い出したのは、タイ国の少数民族の衣装の色彩だった。昨年ご近所の方が、アジアが好きで旅行され、その時に購入された物を見せてくれたものでした。 私が訪問した日の秩父は、身体の芯まで冷える寒い気温だったのですが、東京のように冬特有のひどい乾燥は感じられず、空気に多少の湿度があり、当然太陽のひかりも何となくうるうるして居る様な感じでした。残念ながらアジア方面に行った事は無いのですが、TV番組で報道される中国奥地や東南アジアの空気や、衣装から醸される雰囲気に似ているなと感じたわけです。 安藤さんが秩父にアトリエを構えて20年近くなる。その間秩父の山々を歩く樵(きこり)の仕事をされ、生活していた事を思えば、この鮮やかな色感が、安藤さんの体内と秩父の自然から生まれた「共同作業」と感じずにはいられない のです。 もう一つ、ダンスパフォーマンスについて。安藤さんの作品を観ると多くのダンサーが踊りたくなるらしい。それもそのはず。安藤さんご本人が実は身体を動かしたい人だから、作品にもその空気感があるのだとおもいます。描くという行為あるいはその動きは、安藤さんにとって踊っていることと同じだと言っています。 木村由さんは近年、安藤さんのアトリエに通い、作品に埋もれ、秩父の空気を吸い 研鑽を積んでいます。「踊る」のは観客が居ようが居まいが踊るのだそうで、その姿勢はものを造る作家の姿勢そのものです。この展で木村さんの自然体のダンスに出会えることも楽しみの一つです。 

阿部修二

【土日画廊での過去の展覧会】

阿部修二「薄墨の巴里祭」展
2012年 7月12日(木)~7月29日(日) open 木金土日 12:00~19:00
_88_a2_95_94_8f
内容:「1789年7月14日 フランス革命前夜の庶民の生活」および制作に関わることなど。
本展覧会の「巴里祭」とは、次のページの阿部さんご自身のメッセージで触れていますが、この日はフランスの革命記念日です。1789年7月14日フランス革命。その前夜の庶民の生活を見ることから浮上するフランス人の社会性とか意識が、およそ250年を経て、今を生きる阿部さんの捉えた作品の中に現れるフランス人の日常性とどのように絡まって行くのか。それはまた、阿部さんがフランスに取材し、何を見てどのように感じてきたかというご自身の意識を明らかにされることにもなるのでしょう。作品の解説としてではなく、作品の背後に重なる「何かが」もくもくと立ち上り、それを捉えて頂き、作品の鑑賞の一助になることを期待しています。 

【阿部修二コメント・略歴】

ルネ・クレール監督のフランス映画「7月14日」の邦題が憧れを込めて「巴里祭」とされたために、毎年、パリでは7月14日に華やかな歌の祭典が催されているかのように日本人は誤解している。だが、その日は文化的祝祭とは無縁な「フランス革命記念日」だ。1789年7月14日、市民が蜂起してルイ16世統治時代の火薬庫ともなっていたバスティーユ監獄を襲撃したその日である。  今日の「7月14日」にはパリ、シャンゼリーゼ通りで軍事パレードが繰り広げられるほか、各地で花火が打ち上げられて「革命の日」が祝される。軍事パレード、花火と聞くとなんともきな臭く、拳を突き上げるパリ市民のシュプレヒコールを想像してしまう。革命を通して「自由、平等、博愛」の思想を纏ったフランス人は、その資質の故か日常的に鉄道員や公務員のスト、学生、教職員デモの頻繁を容認しているようだ。市民は諦め顔でそれを許容しているのは彼らの忍耐からではなく、誇るべく「自由、平等、博愛」の思想からくるものなのかもしれない。  さて、私のカメラが捉えたものは、歌も色彩もない普段着の、もちろん軍事パレードも花火もシュプレヒコールもない日常の巴里だ。私は「自由、平等、友愛」の思想に、世界に先駆けて目覚めたパリジャンたちへの密かな憧れを抱いている。でも、「7月14日」の記憶はエトランゼである私には律動も韻律も調子もなく、ぼやけてはかない。(阿部修二)

阿部 修二 プロフィール略歴
1947 岩手県花巻市生れ
1971 岩手大学工学部電子工学科卒
1979 桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒
 (日本写真家協会・日本写真芸術学会会員)

個展(抜粋)
1976 「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」清水画廊・荻窪・東京
1988 「やさい・トーク」ミノルタ・フォトスペース新宿・東京
1993 「オリジナル・プリント展」バーニーズ・ニューヨーク横浜、横浜
1993 「PARIS」G・エテル パリ市・フランス
1994 「PARIS・夢の軌跡」ニコンサロン新宿 新宿・東京
1995 「錆色の午後」パスト・レイズ・フォト・G 横浜・神奈川
1996 「光一輪」エッグ・G 渋谷・東京
1997 「FOTO OBRA」香染美術・G 阿佐ヶ谷・東京
2002 「イマージュの森」G・惺 吉祥寺・東京
2004 「オマージュ・パリ」プランタン銀座・東京
2005 「ミネーロス」G・惺 吉祥寺・東京
2009 「ロールシャッハの壁」G・ウイリアム・モリス 渋谷・東京
2010 著書「銀街道」紀行プレゼンテーション メキシコ大使館・東京
2010 「銀街道+バロックの迷宮」香染美術・G 阿佐ヶ谷・東京
2012 「薄墨の巴里祭」土日画廊 中野区・東京

著書
1978 石崎浩一郎・阿部修二共訳  ロバート・フットラップ著
     「インデペンデント・フォトグラフィー」クイック・フォックス社
1994 写真集「PARIS・夢の軌跡」 宝島社
2005 「メキシコ歴史紀行・征服の十字架」 明石書店
2010 「銀街道」紀行・メキシコ植民地散歩 未知谷パブリック・コレクション
      パリ国立図書館、パリ市歴史図書館、イル・ド・フランス美術館  

略歴
岩手県花巻市生れ岩手大学工学部電子工学科卒桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒個展
1976  「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」
      清水画廊 荻窪・東京
1986-7 「フォト・イラストレーション」、「銀画展」
      G・ケルビーム 銀座・東京
1988  「やさい・トーク」
      ミノルタ・フォトスペース新宿 新宿・東京
1989  「悲しき玩具・」
      西武船橋アート・スポット 船橋・千葉
1993  「オリジナル・プリント展」
      バーニーズ・ニューヨーク横浜 横浜・神奈川
1993  「PARIS・過去に揺らぐイマージュ」
      G・エテル パリ・フランス
1994  「PARIS・夢の軌跡」
      ニコンサロン新宿 新宿・東京
1995  「錆色の午後」
      パスト・レイズ・フォトG 横浜・神奈川
1996  「光一輪」
      エッグ・G 渋谷・東京
1997  「FOTO OBRA(光の描くもの)」
      香染美術・G 阿佐ヶ谷・東京
2002  「イマージュの森」
      G・惺 吉祥寺・東京
2004  「オマージュ・パリ」
      プランタン銀座・東京
2005  「ミネーロス」
      G・惺 吉祥寺・東京グループ展
1990  「はなうたう」展 
     ペンタックス・G 東京・大阪
1994  「オリジナル・プリント4人展」
      アート・G伊勢丹 新宿・東京著書  

○共訳 ロバート・フットラップ著「インデペンデント・フォトグラフィー」クイック・フォックス社
○写真集「PARIS・夢の軌跡」宝島社(1994.5)
○メキシコ歴史紀行「コンキスタ・征服の十字架」明石書店(2005.5)
◯「銀街道」紀行 メキシコ植民地散歩 未知谷(2010.6)パブリック・コレクションパリ国立図書館(FRANCE)・パリ市歴史図書館(FRANCE)・イル・ド・フランス美術館(FRANCE)
★1986年よりメキシコ教会美術にひかれ、毎年渡墨。 
様々な雑誌でメキシコ植民地時代の都市と建物を紹介している。    
日本写真家協会・日本写真芸術学会会員

作家HP:http://www.img-supply.com/

_88_a2_95_94_8f
ゼラチンシルバー・プリント + プラスター(石膏)
 (手もみした印画紙を使用した特殊技法による
フォトプリントを石膏で封印)サイズ: 225 x 160 mm

秋山史子

0805_12_cs

akiyama02

秋山 史子 プロフィール

1978  美学校最終美術思考工房在籍                     
1980 多摩美術大学美術学部油画専攻卒業
1982 多摩美術大学大学院美術研究科修了
●個展
1980 神田・田村画廊
1981 田村画廊
1985 銀座・ギャラリー檜
1986 「Air, Water and…」銀座・ルナミ画廊
1988 「電信柱」銀座・コバヤシ画廊
1989 「電信柱」 Ver.2 コバヤシ画廊 企画展示室
1990 阿佐ヶ谷・西爪糖
1992 銀座・藍画廊
1994  「Figue:速度,熱」藍画廊
1996   「NOISE」なびす画廊
1998  「複眼の夢」なびす画廊
2000 「MADO」なびす画廊
2001  「滲む音」なびす画廊
2002  「a_na_nab」なびす画廊
2005  Chain Reaction」なびす画廊

●グループ展
1981  表現の多様性(多摩美術大学・上野毛校舎)
1982  表現の多様性02(多摩美術大学・上野毛校舎)  
     日本版画協会展(東京都美術館)
     国際素描トリエンナーレ展(西ドイツ・ニュールンベルグ美術館)
1984   あ・はれ展(千葉県立美術館)  
     融幽誘遊奴.展(六本木・スペース遊)
1985  15CONTEMPORARY PHOTO EXPRESSION(多摩美術大学・八王子校舎)
1987  ぷろみしんぐ なびす8703(銀座 なびす画廊)
     SPRING PHOTO&PRINT SHOW(六本木 スペース遊)
     アートスペースドローイングウィークス(青山ArtSpace)
     15CONTEMPORARY PHOTO EXPRESSION(筑波大学)
1990  PRINT COMPOSITION ‘90(六本木 ストライプハウス美術館)
     「50人の眼」展(多摩美術大学~1994)
1993  「光響」(藍画廊)
1998  アート公募(新木場 SOKOギャラリー)
2000  PRINT COMPOSITION ‘2000(多摩美術大学美術館)
2001   PRINT COMPOSITION(名古屋 GalleryTamamiseum)
      Each Artist, Each Moment 2001(銀座 ギャラリーGAN)
     「版画的」(なるせ美術座)
2002  Each Artist展(神宮前 ギャラリーGAN.f)
     東京国際ミニプリント・トリエンナーレ展(多摩美術大学美術館)
2003  第11回プリンツ21グランプリ展2003(アートコムギャラリー 東京)
2005   東京国際ミニプリント・トリエンナーレ展(多摩美術大学美術館)
2006   日本のアーティストたちの年賀状展(Srbija galerija SKC)
2007  日本のアーティストたちの年賀状展(神宮前・トキ・アート・スペース)
2008  Gigmenta2008(信濃町・アートコンプレックスセンター)

東京手描友禅 佐藤洋宜 展

東京手描友禅 佐藤洋宜 展
2014年1月11日(土)〜1月26日(日)
open 木曜日〜日曜日 12時〜19時
satou2014作品

帯「しぐれ傘」

【友禅体験教室】
18日(土)、19日(日) 各日13時30分〜16時
参加費5千円〜、(素材によります)
定員各日4名
画廊までお電話かFAXでご予約ください。

お客様のご要望に応じて何でも描くのが「友禅師」といわれ、佐藤さんもその一人。
職人に徹して数々の帯や着物を描き、染めてきました。
今まさに円熟期。絵画を観るような楽しさがあります。
反物に加えて絹の独特な風合いを醸す友禅画も展示いたします。

佐藤洋宜

【佐藤洋宜略歴・土日画廊コメント】

1953年  山形県松山町 出身
75年  友禅職人 村井順三氏に入門
82年  独立
84年~現在まで 東京、仙台、大阪、広島でグループ<サシェ>よる グループ展
93年、96年 美人画家の父、故 佐藤公紀との二人展
03年~10年 土日画廊にて個展開催
03年  山形県松山町資料館にて、阿部信行氏と「ふるさとを染める」
二人展 以後もグループ展や個展、団体展で作品を精力的に発表している。

所属
グループ<サシェ> 代表
東京都工芸染色協同組合正会員

受賞歴
97年 染芸展 繊維新聞社賞
02年  同  東京都立産業技術研究所長賞
03年 シルク博物館染織展 入選
染芸展 伝統工芸品産業振興協会長賞
日本繊維新聞社賞
東京産業貿易協会長賞 松坂屋賞
04年 染芸展 新宿区長賞

展示作品
訪問着 1枚
帯   9点
染色画 9展
半襟  1枚 12000円

友禅師は、お客様のご要望に答えて、何でも描きます。 例えば、摩天楼の夜景を訪問着の裾模様に、とか、愛用のゴルフのクラブやバッグを帯に描いて欲しいとご希望される方もいらっしゃいます。 手描き友禅は開発されて400年あまりたちます。その技法は、初期の頃にはすでに確立されていて、現在 とあまり変化は無いのだそうです。しかし、描かれる内容は、その時代の文化を反映するような題材が描かれて 来たのでしょう。昔の着物の写真集などを見ていますと、馬の鞍とか、お城とか、こんな図柄が身に纏うものに描かれる ことへの驚きと、それを注文した人物への興味が湧きます。佐藤洋宜さんは、友禅師のなかでは中堅の世代で、今や 油が乗り、新作を精力的に発表しています。佐藤さんの作品の特徴は「遊び心」と言えるでしょう。伝統と現代性それぞれの魅力を取り入れて楽しませてくれる。ですから 観るだけでも楽しめるのです。 染色画も展示いたします。故郷、山形県内の渓谷の景色や、フクロウやかわせみなどの鳥を描いています。

「手描友禅挿し」の製造工程
IMG

【土日画廊での過去の展覧会】
佐藤洋宜-江戸友禅ー展
2010年1月14日(木)ー1月24日(日) 12時ー19時 OPEN木金土日

着物、帯に加えて友禅画も展示いたします。佐藤さんのデザインは、伝統を踏まえながらも奇抜な感覚をもつ、若々しいまさに現代の江戸友禅です。染料ならではの魅力を発揮した確かな技術と、独特な絵柄の作品をお楽しみ頂けます。「色挿し」ワークショップを開催いたします。14日(木)・21日(木) 午後1時~3時 各日定員4名 参加費4千円初めての方も大丈夫です。必要な材料は全てこちらで用意いたしますのでお気軽にご参加下さい。佐藤氏来廊日は、毎週 木・日 曜日です。

佐藤洋宜 手描き友禅展
2012年1月7日(土)~1月22日(日) open 木~日 12時~19時
特別参加:日本刺繍 若手職人 猪上雅也氏による 刺繍紋見本額や刺繍作品。

「遊び心」は手描き友禅の専売特許。特に佐藤さんの作品には思いもよらない絵柄があります。そんな帯を身につける人の、これもまた「心意気」というもので、作る人と纏うひとの二者の交流で和装の楽しさが倍増されます。  今回はここに日本刺繍の猪上さんが参加してくださり、繊細で美しい伝統工芸のちょっと贅沢な世界をご紹介いたします。この機会に着物の話、刺繍の話、いろいろ質問してみて下さい。在廊:佐藤さんは、毎 土日、猪上さんは最終の土日に在廊します。
構想→図案→下湯のし→下絵→糸目糊置き→地入れ→手描友禅挿し→糊置き伏せ→引染→蒸し 水洗→上湯のし→仕上げ

けやきNEWS

2014年1月より土日画廊HPをリニューアル致しました。

今後、この「たきびNEWS」にて作家の新着情報などを掲載していきたいと思います。

今後とも土日画廊を宜しくお願いします。

板橋正子