作成者別アーカイブ: 板橋 正子

Art & Breakfast Day International Vol.5  2017/9/2-3

ABDlogo

 

Art & Breakfast Day 三田村光土里サイトはここから

 

 

遺稿集web

 

只今準備中

只今準備中

Art & Breakfast Day in Minano (報告)
開催日 2017年9月2日(土)~3日(日)

9月2日(土)午後4時過ぎに秩父、皆野町日野沢の美術家安藤祐さんの家に集合。かつて養蚕が盛んだった日野沢は今では限界集落と言っても差し支えないくらいの山間の過疎地。空き家だった農家を使い勝手良く自力で改築した、しばらくぶりで実家に帰ったような気分になる居心地の良い家です。
参加者は老若男女12名で、主に曾て美学校で学んだり、今泉さんと長い間親交のあった方々です。

まずは秩父33カ所札所巡りを達成した後にご褒美で訪れる”満願の湯”で汗を流し、午後6時過ぎからすき焼き鍋をぐつぐつと煮ながらぼつぼつと始まりました。

テーマ:”「今泉省彦遺稿集」と戦後美術のパワーの源とは”:
遺稿集に出てくる言葉を拾うと、「美学校」が世に誕生する以前の、過激思想育成教育とか自立学校、「女のヒモで暮らす」、とか、怪しい言葉が所々に出て来ます。
50年代中頃から70年代にかけての美術運動の、この危うくも圧倒される”エネルギーの源”を探りたいと、一般論としてのアバンギャルドではない、リアルタイムでまさにこの時代を美術に携わってきた遠藤昭さんの話を聴きたいということと、また、遺稿集編集を手がけた照井さんから”今泉さんの魅力の本質”を遠藤さんの話と絡めてお話を伺うことを目的といたしました。
とは言え単なる講演会ではなく全員が自由に話に参加ができという場でもあり、他の参加者の話も聴く事が出来て一層充実した時間となりました。

参加者紹介
今泉省彦:美学校設立(1969年)に関わりまた前校長 2010年逝去(享年78歳)
遠藤昭:高等学校や聾学校等で美術教育に携わりつつ作品制作。分野は立体、平面ほか多岐に渡る。心は自由自在。やりたい事をやりたいようにやるがモットー。86歳 。今泉さんとは二人が学生時代に知り合った。
照井康夫:文芸春秋社にて数多くの書籍編集をてがけた。1982年に今泉省彦に出会う。退社後の仕事に小津安次郎、野田高梧らによる「蓼科日記抄」の編纂などがある。
他に美学校一期生の安藤祐、二期生の甲賀勝雄は美学校唯一の特待生。ほかにも卒業・現役の美学校生、家族参加もありました。

話は遠藤さんと今泉さんとの出会いから始まり、美学校の創成期のことや今泉さんの美術に対する姿勢などなど、興味は尽きずとうとう日が変わるころまで続き、深夜の満天の星の下で就寝となりました。
内容はここでは省きますが、後日 撮りましたビデオを編集の上 youtube に掲載を予定しています。

●「今泉省彦遺稿集-美術工作者の軌跡」(海鳥社)の情報は当サイトにも掲載。
●本の購入をご希望の場合は書店、海鳥社、土日画廊でも取り扱っております。

藤原安産堂

藤原安産堂

藤原安産堂2017.9-1

 

 

 

 

 

 

DSC_0134翌朝も快晴。安藤氏宅から歩いて7~8分程登り弘法大師の足跡といわれる石がある「藤原安産堂」まで散歩。寝不足の脳がすっきりしたところで、2階のアトリエ空間で安藤氏の制作途中の大きな作品群に囲まれコーヒー&ブレッドの簡単な朝ご飯。
本来はここからが「Art and Breakfast Day」の始まりなのですが、参加者のエネルギーは前夜すでに費やされ、みな多くを語らず。2013年の東日本大震災のDVDを観ることとなりました。
午後2時頃終了しました。

この時間・記録(ビデオ)が将来何か形になるかどうかは解りませんが、戦後日本美術の歴史のひとこまががその実践者の言葉で語られているということは重要なことだと存じます。
今後も遠藤氏には継続してお話を伺って行こうと考えています。残しておけば次の世代に役に立つことがあるかも知れませんから。(2017年9月 土日画廊 板橋)

—————————————————————————————————————————

A&B2017表紙
Art & Breakfast Day in Minano

開催日:2017年9月2日(土)夕方〜3日(日)午後
会場:美術家 安藤祐氏アトリエ(秩父郡皆野町)
参加者:有志10名
参加企画:土日画廊

テーマ:美学校前校長の遺稿集「美術工作者の軌跡・今泉省彦遺稿集」が2017.6月に発行されました。これを機会に久し振りに今泉さんのことなど語らいつつ、50年代からアバンギャルドの美術家としてその運動に深く関ってきた美術家 遠藤昭さんから当時の状況、エピソードなどを伺いつつ、質問感想などを交えた自由な会話の場になりますよう期待します。

今泉省彦遺稿集・作品「花火」

今泉省彦遺稿集ー美術工作者の軌跡ー
照井康夫編
海鳥社 2500円+税 (2700円)

DSC_0115

 

 

 

 

 

ご購入は書店または当画廊でもお取り扱いしています。
本をご購入いただきました方で希望者先着30名様に今泉省彦リトグラフ作品「花火」を進呈いたします。ご希望の場合は当画廊までお問い合わせ下さいませ。
E-mail: g_donichi@yahoo.co.jp
電話03-5343-1842(留守電の場合は「遺稿集」希望と連絡先のお電話番号を残してください。)

●お名前、ご住所、お電話番号
●ご希望の作品を下から選んで、アルファベットと作品名をお知らせ下さい。

●お受け取りにお出でいただく場合は事前にご連絡下さい。(木曜日〜金曜日12時〜19時)
●お送りする場合、ヤマトの宅配便で「送料着払い」となります。到着希望の曜日時間帯をご指定下さい。

●送付の場合、代金2700円は先にお振込み頂きます。振込先はご連絡を頂いてからお知らせいたします。

今泉省彦リトグラフ作品「花火」(制作1999年以前)
用紙サイズ:50.5x33cm
撮影:廣澤章光

a「遠い花火」

a「遠い花火」

b「遠い花火」

b「遠い花火」

e「花火ふたつ」

e「花火ふたつ」

f「花火ふたつ」

f「花火ふたつ」

g「花火みっつ」

g「花火みっつ」

h「花火みっつ」

h「花火みっつ」

 

新江千代

新江千代 略歴
1983年東京生まれ。英国のロンドン芸術大学ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにて服飾デザインを専攻、学士取得。あるとき、頭から離れない柔ら かく有機的な形を取り出して現実世界に置いてみたいと思い、ドローイングや布を使った立体作品を作りはじめる。制作を進めていく過程で、空虚でとらえどこ ろのないその有機的な形が、幼少期に他界した父と、父の『不在』そのものへ愛着に起因していると気付く。以来、主に不在や記憶・喪失などテーマに作品を制 作発表している。

水たまりが乾いたあとで
新江千代個展 2017.7/13-7/30
after a paddle dries up
chiyo arae solo show

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンセプト/展示内容

道路にできた水たまり。やがて水が乾いたあと、その上で日常は繰り返される。でも、水たまりはあった。あとに残ったのは何だろう。ただのへこみか、それとも無か。 『何か』や『誰か』が消えた後に残る、不在という曖昧で柔らかい何か。時間と共に変化する、自分や他者の記憶と不在との関係について探っています。
本展は、布や糸、写真を用いて制作された新作インスタレーションと半立体作品を中心に構成される。

 

 

新江千代展

みずたまりが乾いたあとで
after a paddle dries up

2017年7月13日(木)-7月30日(日)
OPEN 木曜日ー日曜日 12時ー19時
CLOSE月曜日ー水曜日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
道路にできた水たまり。やがて水が乾いたあと、その上で日常は繰り返される。でも、水たまりはあった。あとに残ったのは何だろう。ただのへこみか、それとも無か。 『何か』や『誰か』が消えた後に残る、不在という曖昧で柔らかい何か。時間と共に変化する、自分や他者の記憶と不在との関係について探っています。
本展は、布や糸、写真を用いて制作された新作インスタレーションと半立体作品を中心に構成される。(新江)

尾崎 貢

尾崎貢 不条理絵画展[/caption]
2017.6/8(木)ー6/25(日)
「小雨降る日は・・・」 260x363mm 「小雨降る日は・・・」
260x363mm

 

 

 

 

 

略歴
1944年和歌山県に生まれる。
69年 美学校・中村宏絵画教場に1年在籍、その後実家一時帰郷。
71年 修復家 山領まり氏に出会い修復の手ほどきを受け、半年後、絵画修復家 小谷野匡子主宰の「絵画修復研究所」へ入所。約3年間の研修の後、
75年 修復家として独立。
近年まで有名無名の美術品の修復を多数手がけて来た。
その間、72年~02年まで「駒展」に出品、絵画制作を継続。
今は修復の仕事から離れ、所市から南アルプス市へ転居し晴耕雨描の生活を送っている。

UEDA kazuhiko Exhibition

oil painting  110x160cm

oil painting 110x160cm

 

2017年
5月11日(木)-5月28日(日)
OPEN 木曜日ー日曜日 12時ー19時
CLOSE月曜日ー水曜日

 

 

 

上田和彦
絵画は、空間的であることを超えて、時間的である。
それは、現世的時間の閉域を破り、開闢の痕跡を、膨大な記憶の結び目を通して開示する。

上田和彦

oil painting 110x160mm

oil painting 110x160mm個展 2017年5月11日(木)ー5月28日(日)

 

 

 

 

 

 

 

絵画は、空間的であることを超えて、時間的である。
それは、現世的時間の閉域を破り、開闢の痕跡を、膨大な記憶の結び目を通して開示する。(上田)

上田和彦 略歴
1975年東京生まれ
1998年中央大学経済学部卒業

個展
2010 PAINTING(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2009 Investiture Controversy(吉祥寺 A-things)
2005 UEDAKAZUHIKO Paintings(京橋 PUNCTUM)

グループ展
2016 時のかたち(横浜 赤レンガ倉庫)
2015 Whole Art Catalog(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2014 組立-転回 上田和彦×永瀬恭一+ゲスト 中山雄一朗(東京造形大学 CS-lab)
2013  偶然の鏡(座間 ギャラリー・アニータ)
2013  The 5th Aniversary Group Exhibition(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2013 目の正月(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2012 零のゼロ(浦和 埼玉県立近代美術館)
2012 6senses(西荻窪 ガレリア青猫)
2012 上田和彦・三宮一将展(座間 ギャラリー・アニータ)
2012 FUJISAN それぞれの富士山・展(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2011 零のゼロ 作家の図工室(浦和 埼玉県立近代美術館)
2011 上田和彦 片岡雪子展(座間 ギャラリー・アニータ)
2011 絵兎展(吉祥寺 Gallery FACE TO FACE)
2010 座間市立図書館入口硝子陳列箱に於ける展示(座間市立図書館)
2010 零のゼロ(浦和 埼玉県立近代美術館)
2009 零のゼロ(大分 アートプラザ)
2009 アサヒアートフェスティバル2009 「テラマチ」 あります(大分 城下町竹田・寺町界隈)
2009 「組立」上田和彦×永瀬恭一展(新宿 photographers’ gallery)
2008 アートプラザ10周年記念展 零のゼロ(大分 アートプラザ) 小品展(別府 ギャラリーおおの)
2007 マエストロ・グワント入賞者による展覧会(四谷 GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE)
2007 零のゼロ(大分 アートプラザ) 小品展(大分 Galerie La Palette)
2007 TITEN巡回展(宇都宮 スペースねずみ穴)
2006 TITEN(銀座 すどう美術館)
2006 銀座あおぞらDEアート(銀座 泰明小学校)
2006 若き画家たちからのメッセージ展(銀座 すどう美術館)
2006 snowfort06(有楽町 ギャラリー日比谷)
2005 The Book Covers(京橋 PUNCTUM)
2003 第39回神奈川県美術展(神奈川県民ホール)
2003 現代美術小品展(銀座 小野画廊)
1999 STABLE TWO+ONE展(宮崎 ギャラリー鬼楽)
1999 STABLE ONE展(銀座 ギャラリーうえすと)

著書
『組立-転回』(編著)(2014)
『組立』(共著)(2010)
『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを超えた「先」』(共著)フィルムアート社(2013)
論文
「アートと資本主義」PUNCTUM TIMES(2007)
「芸術の価値形態」組立 ART Infrastructure(2009)
「方法としての反復」ART CRITIQUE no.2(2012)
「ジャクソン・ポロック 基底面の攻防」kader0d vol.7(2012)
「ロバート・ラウシェンバーグ メディウムを超える抽象」組立-転回(2014)
対談
「絵画を動かす-ベーコン・ステラの肯定性」×矢野静明 ART CRITIQUE no.3(2013)
[対談]構造・啓示・狭間(はざま)世界――クレー・ニューマンへの視座 |×矢野静明(2014)