作成者別アーカイブ: 板橋 正子

鈴木正治

2013年4月 個展

2005年11月 個展

2002年10月 個展

2001年3月 個展

2000年5月 個展

————————————————————————————————————————————
【鈴木正治】1919-2008 青森に生まれ青森で没す

木や石を刻み、油彩で墨で描き、プレス機で摺り、商店の看板を造り、包装紙などのデザインを
よくし、”美術”とともに生涯を送った人。

青森の人々の中に在り、その風土や文化をこよなく愛し誠実に制作した鈴木正治さん。作品が持
つ空気は真に鈴木さんご本人の”生”と重なります。青森の街の中で、またこの希有な存在の美術
家を識る多くの人々の心のなかに今も息づいていることでしょう。

1919年青森市新町で生まれる。26歳の時に中国で終戦をむかえ、抑留をへて翌年青森に復員しま
す。この戦争の体験が、無事に帰還できた折角の尊い命を好きな美術に捧げる決心するきっかけ
のひとつだと伺いました。

1947年、東京の中央美術学園(通信教育課程)の一期生として学び、その一方で1950年、第2回読
売アンデパンダン展に出品。1961年第13回まで参加は続きます。
1962年、南画廊で「凧と河原の石」展を山本道子さんと開催。

「生成」1957年

「生成」1957年石彫38x18x34()
この頃の作品です。均勢のとれた美しいフォルムで、今にも爆発しそうな内側のエネルギーを感じるます。

 

 

タイトル不明

「タイトル不明」1966年以降。青森の風物の海、船、魚、荷 車、人々などが、長さ15cmにも満たない木っ端全体に彫刻、彩色されています。小さいながらも地元青森が満載の見応えのある充実した作品です。
構成や色彩をみると明らかに「ねぶた」の山車を思い起こす事ができます。そう考えれば作品1「生成」の均勢のとれた立体感覚が、生まれた時から身近にあった「ねぶた祭り」の山車で身に付いているものなのかも知れません。あくまでも想像ですが。鈴木さんはねぶた祭が大好きでした。

左は油彩画 年代タイトル不明
サイズはサムホールくらいです。

東京でコンスタントに作品の発表をし、また周囲からもその才能を認められつつあった状況の中で鈴木さんは青森へ帰ることになるのです。
JR青森駅の近くでパンの卸売をしながら制作が続きます。早朝の卸売の仕事が終わり、あとの時間は家の横で石をカンカンとノミで削るという制作の時間。そんな姿を目撃している人も少なくありません。

 

1966年鈴木さんが発起人となり、「美術グループ脈」を立ち上げ、同年の第一回展から9回展まで毎年作品を発表。

作品の内容は林檎、角巻、雪、ねぶた祭など、青森の風土に根ざしたもの。人と人との繋がりをテーマにした「輪」。不動明王や誕生仏を単純化した「ウゴカズ」「タンジョー」などを、石や木、墨絵、エッチングなどいろいろな技法で制作しています。
青墨で描かれた墨絵は、たっぷりとした太いラインと面相筆でゆっくりと描く細いラインとの繊細なバランスが美しいです。
石でも木でも、時には平面作品の制作においても、出会った時の素材の在り方を大切にしていました。素材の形を尊重し、その形と自分の形態との調和を最も心掛けていました。

「 わ 」

「わ」石1989年120x206x183
青森県総合社会教育センター

「ウゴカズ」晩年の墨絵

 

 

 

 

 

鈴木さんは日本ばかりでは無く海外でも制作、どこにいても紙や筆、鑿を携え、素材があれば人に乞われるままに描き彫ってきました。作品はその土地や人に置いて行きます。梅干しの種でも焼き鳥の串でも素材になってしまう。晩年のご自宅/仕事場はそれはそれは宝の山でしたよ。その制作意欲は最期まで衰えることなく美術と共に歩み続けた88年の生涯でした。

いま、鈴木さんの作品は、青森市内の公園、学校、図書館、病院、また近郊の市町村に、公共の場で設置されているばかりではなく、店の看板やホテルの壁面、歩道など、街のふとした所にもあります。作品を売ることはせず、お世話になった人々にお礼にあげたり、旅先で制作すればその地に置いてきます。
そのような人々との交流は
1995年、朝日新聞全国版「ルポ 石と木と墨と 鈴木正治の生き方」
1996年、NHK制作のテレビ番組「飄々と飄々とー鈴木正治の世界」
で詳しく紹介されています。
追々紹介させていただきます。

大 鹿之助 の 呼・吸 – 刻 描 踏 –

2019年11月14日(木)ー12月1日(日)
open 木曜日~日曜日 12時~19時
close 月曜日~水曜日
展示作品: 木の彫刻、鉛筆の人物デッサン
舞踏公演: 毎週 金・土・日  17時~18時
観覧料 1,000円 (予約800円)

お願い:作品のみをご覧になりたい場合は、この時間帯を避けてお出かけ下さいませ。


刻む時、描く時、踏む時、全ては 大 鹿之助(大岩 巖から改名)の”呼と吸”の連続運動に集約される。それは詩(うた)であり、音声の無い声であり、言葉にならぬうめきのようでもあり、静かに、大 鹿之助の”呼”と”吸”の間を縫って”かたち”となり土日画廊の空間にその姿が現われる。

展覧会情報

【田中 毅】

田中 毅 展 「あれ? こんなのがいたよ!」

川越市立美術館
2019年10月19日(土)ー12月8日(日) 9:00-17:00 休館日:月曜(11月4日開廊)、11月5日(火)

第9回伊佐沼工房展:
会場 彫刻公開アトリエ 伊佐沼工房 川越市伊佐沼字沼田町604-1 伊佐沼公園内
2019年10月21日(月)ー27日(日) 11:00-17:00 会期中無休
参加者:飯島真枝 岩間弘 奥野誠 海崎三郎 清水啓一郎
高梨裕理 田中毅 樋口恭一 平井一嘉 おくのせつこ

川越美術館で開催の「田中毅展」にあわせて是非お立ち寄り下さいませ。
☆おまけ☆ [つよしさんの彫刻作品マップ]
川越の街中に点在する田中毅さんの作品設置マップです。美術館でいただけますよ。


【JOHN READ】

ジョン・リード展

B-gallery
2019年10月15日(火)ー27日(日) 月休 14:00-18:00

PRISM 11 TOKYO 版画展

INOAC Ginza Namikidori Gallery
2019年10月15日(火)ー10月31日(木)
11:00-18:00 休廊 土日祝日と22日(火)

ジョン・リードさんが全体代表を勤める 国際版画交流団体’PRISM’主催の版画展。
12ヶ国42名が参加しています。

========================================

 

大岩 巖 (大 鹿之助)

略歴
大 鹿之助(dai shikanosuke)←大岩 巖 ← 大岩英夫

都立工芸高校 木工科 卒業
魔術学校 天使館 出身
彫る、描く、踏る 三位一体となって自身を生かしている。

———————————————————————————————————————
大 鹿之助 の 呼・吸 ー刻 描 踏ー
2019年11月14日(木)ー12月1日(日)

木彫、鉛筆デッサン、舞踏公演
刻む時、描く時、踏む時、全ては 大 鹿之助(大岩 巖から改名)の”呼と吸”の連続運動に集約される。それは詩(うた)であり、音声の無い声であり、言葉にならぬうめきのようでもあり、静かに、大 鹿之助の”呼”と”吸”の間を縫って”かたち”となり土日画廊の空間にその姿が現われる。

————————————————————————————————————–
大岩 巖 作品展 ー踏る・描くー
2016年10月13日(木)ー10月30日(日)

鉛筆デッサン、舞踏公演
白紙に点を打ち、線を引き、やがて形を持つ黒い鉛筆の塊になる。それは空間へと拡散して・踏る・という行為と溶け合う。大岩巖(大岩英夫)の世界は万物の総合だ。ゆっくりと、たっぷりと、一瞬、その前と、その先の未来とが行き来し、時間と空間をデザインする。

井上まさじ作品

毎年春の個展で新作発表をしています。
会場/ ギャラリー ミヤシタ 札幌 
作品/acrylic on board   全て「無題」です。
——————————————————-
[土日画廊「夏の展」2020]の表記は 7月2日〜7月26日の展示作品、
2021年3月まで当画廊でご覧になれます。
★作品画像のコピー、撮影は禁止しています。

個展
2020年4月15日(水)ー5月10日(日)




300x300mm

300x300mm 土日画廊「夏の展」2020



200x200mm 土日画廊「夏の展」2020

300x300mm   土日画廊「夏の展」2020

257x182mm 土日画廊「夏の展」2020

257x182mm 土日画廊「夏の展」2020

200x200mm 土日画廊「夏の展」2020

———————————————–
個展
2019年4月17日ー5月12日

450x450mm

450x450mm

450x450mm 土日画廊「夏の展」2020

300x300mm

300x300mm

297x210mm

——————————–
個展
2018年4月18日ー5月13日

450x450mm

450x450mm

450x450mm

500x200mm

 

常設展示

展示作品: 井上まさじ 2019春、2018春 作品より
2019年10月24日(木)-11月3日(日)
open 木金土日 12:00-19:00
close 月火水

(展示作品は、都合により前回”秋の展 2019DONICHI”と同じ内容です。)

acrylic on board 450x450mm 2019

上の作品 部分

 

秋の展 DONICHI2019

[ 秋の展 DONICHI 2019 ]

〈 井上まさじ 2019春、2018春 作品より〉
2019年9月12日(木)-10月6日(日)
open 木金土日 12:00-19:00
close 月火水

acrylic on board 2019春
450x450mm

———————————————————————————————————————————

[ 井上まさじ展 ]

ギャラリー ミヤシタ 札幌
2019年4月17日(水)ー5月12日(日)
12:99-19:00■月曜休館■最終日17:00
展示作品の一部画像は当HP「井上まさじ作品」に掲載しています。

 

堀越照美 銅版画展

2019年6月13日(木)ー6月30日(日)
OPEN 木金土日 12:00ー19:00
CLOSE 月火水
堀越さんの在廊日時は画廊までお問い合わせください。

「銀の糸」36x31cm

生活の中に見出される”美しいとか愛らしい”ということ。その感情を銅版画に託して表現している。
庭や近隣に生息する植物や昆虫を観察し、スケッチから掘り起こされたアイディアは、週に何度か通う神保町にある美学校で銅版画の制作となる。発表の機会があろうがなかろうが制作は続く。
ただただありのままを映しているだけ、と堀越さんは謙遜されるが、その”欲”のないところが却って画風をシンプルに、主になるテーマをしっかりと捉えているのではないかと感じる。
この数年で線描にはますます磨きがかかり、画面にもスッキリしている中にも多重の奥行きが感じられ、ますます魅力的になっている。

石丸澄子 ポスター展

2019年5月16日(木)ー6月2日(日)
OPEN 木金土日 12:00ー19:00
CLOSE 月火水
石丸さんの在廊は画廊までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

古書即売会『本の散歩展』のポスターを刷っていました。
シルクスクリーンの手刷りです。
1996~2015年(春秋年二回)。今回は、その後半2009年~のモノを展示します。
会場は、昭和46年に建った民家の二階を使ったちいさな画廊です。
昭和の犬のようにクンクン嗅いでお越しいただければウレシイです。(石丸)

石丸さんは西荻窪にあった古書店「なずなや」さんの元店主。今は店を閉めています。
古書即売会のこのレトロ感溢れるポスターは今でも語り継がれるほどの大人気。(知る人ぞ知る)
ポスター(51.5x36cm)約20点に”オリジナル澄子手ぬぐい”も展示します。