カテゴリー別アーカイブ: 21-長野順子

2016年「長野順子 銅版画展」

2016年1月7日(木)〜1月24日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

「春梅(チュンメイ)」 15x11cm

「春梅(チュンメイ)」 15x11cm

長野さんの作品の大きな特徴の一つに「物語性」ということが揚げられます。
一枚の作品の中にストーリーを想像することが出来る。
この「春梅(チュンメイ)」と呼ばれる少女は衣服からみても中国の女の子を描いているのでしょう。指を止まり木にしている小鳥と何か話しかけています。一体どんなお話をしているのでしょうか。

少女が身につけている髪飾りやイヤリングは梅のよう花です。さてはこの子は梅の花の精かな。梅にチャイナ服は似合いますし。この匂い立つ花の香りに誘われて、今年も飛んで来た小鳥に歓迎の意を表しているように見えます。
寒い冬を超えて、今年も花を美しく咲かせる事が出来、喜んでいながらも長かった冬にちょっと退屈していた春梅(チュンメイ)と、暖かくなりやっと羽を拡げて空へ羽ばたく小鳥との再会の挨拶もそこそこに。空から見下ろし見て来た地上の出来事を、自分の居場所から動けないチュンメイに話して聴かせているようにも見えます。

これはあくまでも私の読み取った想像です。
「お話」はお客様それぞれの観たまま感じたままに、ご自由に話を想像して美術を鑑賞する楽しさ身近に感じていただければ幸いです。

長野順子:
東京芸大・大学院では建築を学び設計事務所での勤務を経て美学校(神保町)にて
銅版画を学ぶ。以後銅版画を中心に制作、発表しています。
個展・グループ展は多数開催。また、海外でのコンテストへも積極的に参加。特に近年シャルジャ(アラブ首長国連邦)で開催されている絵本原画展では4年連続で入選し、2015年は2位に入賞するなど評価が高まっています。
挿絵の仕事も多数あり、最近では「虹色峠」著:十一谷朋代(未知谷)2015年があります。

長野順子

「ひなまつり展」 2014年2月

長野順子2014ひな

 

 

 

 

 

 

略歴〉

1966年 群馬県出身

1989年 東京藝術大学美術学部建築科卒業

1991年 同大学大学院美術研究科建築専攻修了

5年間の設計事務所勤務の後

美学校にて、吉田克朗氏、清野耕一氏のもとで銅版画を学ぶ

 

1998年 世田谷区民ギャラリーにて初個展

以後、東京、大阪、群馬を中心に各地で個展開催、グループ展参加

現在に至る。

2000年 群馬県高崎市のアトリエで制作を始める

2004年 「メルヘンと遊びの世界展Ⅷ 長野順子 版画と絵本原画展」

(高崎シティーギャラリー)

2005年 石田衣良氏著「ぼくとひかりと園庭で」(徳間書店)の挿画を制作

2008年 木村威夫監督の映画「夢のまにまに」の劇中に銅版画作品「夢のまにまに」

が使用される

第25回全国都市緑化ぐんまフェア会場内展示

谷川俊太郎「ことばアート」展に参加(高崎市シティーギャラリー)

2010年 高崎市の姉妹都市、チェコ共和国ブルゼニ市で行われたジャパンウイークにて

個展「風と花の大地より」(イジー・トルンカ美術館:ブルゼニ市)

2012年 「アートツリーズ」井田秋雄、三輪途道、渡辺香奈と4人展(高崎市美術館)

 

〈主な受賞・入選歴〉

2005年 版画フォーラム2005和紙の里ひがしちちぶ展 入選

2006年 上毛芸術文化賞美術部門 受賞

2007年 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 入選

Prints Tokyo 2007 入選

2010年 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 入選

第55回CWAJ現代版画展 入選

第33回FISAE国際蔵書票会議(トルコ) 入選

2011年 日本書票協会公募展 大賞

第23回マルボーク現代蔵書票国際公募展(ポーランド) 入選

第56回CWAJ現代版画展 入選

第8回高知国際版画トリエンナーレ展 入選

1 colori del sacro. Aria(Diocesan Museum, パドバ、イタリア) 入選

2012年 1 st  Shariah Exhibition for Children Books’ Illustrations

(シャルジャ、アラブ首長国連邦)

2013年 ジャルジャ 児童書のイラストレーション展 招待作家(アラブ首長国連邦)

第58回CWAJ 現代版画展 入選

 

〈挿画の仕事〉

2000年 女性のためのアンデルセン童話「みにくいアヒルの子」(小さな出版社)

2001年 女性のためのアンデルセン童話「おやゆび姫」(小さな出版社)

「天山逍遥・平野秀哉詩集」(詩画工房)

2005年 「ぼくとひかりと園庭で」 著:石田衣良(徳間書店)

2013年「ダックスフントと女王様」著:メラニア・G・マッツッコ 訳:栗原俊秀 (未知谷)