カテゴリー別アーカイブ: 2015年展覧会

河野圭一 展

河野圭一 展 【油絵と版画で】

2015年11月19日(木)〜12月6日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時
河野さん在廊:11/21(土),26(木),27(金),12/6(日)
河野圭一ホームページ

リトグラフ 紙サイズ 380x280mm

リトグラフ 紙サイズ 380x280mm

1986年(17歳)より9年間を「美学校」(神保町)の菊畑茂久馬 絵画教場で学ぶ。
1991年、ギャラリーサガン(東京)にて初の個展をかわきりに現在まで多数の個展、グループ展で作品を発表。

河野コメント
初期の頃から、対象を見ないで白紙の紙やキャンパスにむかう制作方法をとっています。シュールレアリスムのオートマティスムやアンフォルメルについてバタイユが考える消尽のような感覚が近いかもしれませんが、目と手と記憶をたよりに曖昧な中に表れる自然発生的なものをつかまえた様な産物になっています。何かを表現するというよりも、身体感覚と初期衝動による所が多いです。
一般的には絵のモチーフを外に探し求めたり、考えを作品に反映させて制作される方が多いので、その意味では、この方法はわかりづらくて不親切なのかもしれませんが、ご意見ご感想をおねがいします。
掲載の作品タイトル:「MABUI」
「マブイ」とは琉球語で生活の根本力をなすもの、仮に漢字で名付ければ精魂というべきもの。地域によっては人の体にこの「マブイ」は3、5、7つあるといわれ強い衝撃に合うと落としてしまうという。抜けてしまった「マブイ」を戻す儀礼をマブイグミという。
百科事典より

井上まさじ 展

2015年10月15日(木)〜11月1日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時
井上さん在廊 15(木)16(金)17(土)18(日)

acrylic on board 257x180mm

acrylic on board
257x180mm

井上さんは札幌近郊に暮らしています。春になれば定山渓に入りアイヌねぎやコゴミ、ふきのとうなど早春の山菜を収穫、秋にはから松の足元に出る「らくようきのこ」とよばれる美味しいキノコを摂りに山にはいる。そんな生活を繰り返しながら制作をしています。
制作には全く関係のない話のようですが井上さんはこの季節の移ろいを繊細に感知し植物の営み、山々の色彩、太陽光の変化などから多くの情報を得ています。
一方で制作の為の素材はボードやアクリル絵具です。
作品はアクリル絵具を何層にも重ねては削るという動作としては至って単純な「作業」の連続です。
しかし重ねる絵具と絵具の層の間の微妙な隙間には井上さんが自然の中で感じ体得した「空気」が封じ込められています。観念的なようにも聞こえますが、その「空気」こそが井上さんが山に入り実感したものなのだと私は感じています。

一見抽象的な作品思われがちですが、制作の過程は自然の中での体験、絵具という物質との関係性など井上さんにとりましてはかなり実感を伴っているのだと想像します。
そういう意味も含めて抽象・具象という分類はできない作品です。

近頃はグーグルマップの航空写真で地球上を覗きますと肖想像も出来なかった地表の様相に出会います。
井上さんの作品にはそんな今までに見た事の無い「風景」とも捉えることが出来る表情を発見することがあります。
観る方にとりましても、作品にもよりますが自分自身の体験した感覚や感情と共感して頂ける作品でもあると感じております。作品は観客が自由に観て頂くのが一番良い事だと存じますが、一方で画家の感じた自然を追体験することが出来るかも知れません。色々な角度から楽しんでいただければ良いかと存じます。

 

明田一久 彫刻展 「STONE WORKS」

2015年9月17日(木)〜10月4日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

「スワローライダー」 黒御影石・真鍮・顔料 W760xD123xH220mm(台含む)制作2015年

「スワローライダー」
黒御影石・真鍮・顔料
W760xD123xH220mm(台含む)制作2015年

思わず微笑み、ココロが動く・・・
そんな願いを込めて制作致しました
石の重みや温かさ、真鍮が持つ線など・・・
不思議な一体感も感じて下さい

寛げる空間で、彫刻を身近に親しんで頂けましたら幸いです。
明田一久

明田一久HP

7月展とArt & Breakfast Day International _ Donichigaroh Vol.2

「Art & Breakfast Day International _ Donichigaroh  Vol.2」
2015年8月16日 日曜日 終了いたしました。

「それまでの連日の暑さから多少は気温が低くなり、当日は晴れと曇りの間くらい。東側の壁面をはずして朝の光をいっぱい取り入れ開け放たれた窓からは夏の爽やかな空気が流れこんできます。
参加者は全部で6人。初対面同士の方もいらっしゃいましたが、すぐに打ち解け雑談もまじえながら、持参していただいた写真集の紹介、展示作品の感想など話がはずみ、なにげなく穏やかでゆっくりとした時間が流れていました。
参加者の皆様からも気持ちの良い時間を過ごす事ができたとご感想を頂き気を良くしているところですが、この企画を参加者のより積極的な美術へのアプローチを、あるいは画廊との関わりを深める機会にしようと目論んでいますので、はやくも次回開催方法のアイディアを考えているところです。
三田村三土里 さん、ご参加頂きました皆様へ 有り難うございました。」

DSC_0079

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「土日画廊「一日だけの虫干し」展」

開催日:2015年8月16日(日) 午前8時〜午後1時
参加の時間はご自由に、ご都合のよい時間帯にお出でください。
参加費:500円
要予約:定員10名くらいです。お電話・Faxでご連絡ください。

当日は、ゆっくりとお茶を飲んだり、シンプルな朝食を用意いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「Art & Breakfast」は、”インスタレーション”を背中にしょって世界を
駆け巡る作家、三田村光土里が発想、実行している美術の運動です。
至極普通の行為「食事をする」ということ=美術を鑑賞する;感じる
私たちの日常の行為と美術をもっと密接に;美術は日常の中に潜んでいる
というメッセージです。
三田村さんの活動の詳細は下のwebサイトでごらんください。

Art & Breakfast Day International Vol.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「虫干し」

土日画廊の8月は閉廊しております。
その間、事務処理など行っておりますが、特にコレクションさせて頂いた
作品の虫干しはそれなりのおお仕事となります。

休廊中の今回、展示作品は未定ですが折角のこの機会に 夏、この気候に
ふさわしい展示を考えています。
私たちが暮らすこの風土、春夏秋冬に沿う暮らし方に先人達は工夫を凝らし
てきましたね。
特に茶の湯における床の間のしつらえなどはその代表的なものでしょう。

特に最近の猛暑ではありますが、土日画廊の午前、繁る樹々の涼やかな
微風を期待して、この夏のひとときを美術の新しい「眼」を感じて頂けましたら
企画者としては幸福です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「7月展」
井上まさじ(アクリル画) + 甲賀勝雄(腐食銅版画)

2015年7月10日(金)〜7月26日(日) 7月25日(土)は休廊

井上さんは旧作から、甲賀さんは最近他画廊で開催された展示作品の中から
一部を拝借。それぞれ独自の技法で制作された見応えのある作品です。

 

井上まさじ ボードにアクリル450x450mm

井上まさじ
ボードにアクリル450x450mm

甲賀勝雄 腐食銅版画 500x180mm

甲賀勝雄
腐食銅版画 500x180mm

 

内田かずひろ 個展『マドノコバコ』

内田かずひろ 略歴
1964年福岡県生まれ。
高校卒業後、絵本作家を目指して上京。日本児童教育専門学校で
絵本を学ぶ。
1989年「かえりみち」でクレヨンハウス絵本大賞優秀作品賞。
1990年「シロと歩けば」でマンガ家としてデビュー。
連載 朝日新聞「ロダンのココロ」(1996年4月5日〜1997年10月3日)
単行本『シロと歩けば』(竹書房)。
   「まんがくらぶ」「まんがライフオリジナル」(竹書房)
   『まんがアロハ!』(ぶんか社)
   「ね〜ね〜」(主婦と生活社)
   「ミキハウス・ラブ」(ミキハウス)
   「ロダンのココロ」(朝日新聞社)  など。
さし絵 永井均著「子どものための哲学対話」(講談社)など。

以上は2001年発行の単行本「ロダンのココロ」末尾に掲載の略歴を
ベースに作成しました。

2015年4月16日(木)〜5月3日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

集英社「小説すばる」に連載中の『マドノコバコ』の
オリジナルを展示いたします。

絵本『はやくちまちしょうてんがい-はやくちはやあるきたいかい』の
原画もあります。

内田かずひろブログ

『サイコ』な窓

『サイコ』な窓

ひな祭り展 Vol.3

2015年2月12日(木)〜3月1日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時
ひな祭り展作品面

 

 

 

 

 

赤枝由子/イラスト・オブジェ※銀紙帽子HP http://www.gingami-b.net
足達禎子/陶器※HP http://maruzu-works.jugem.jp
服部奈々子/木版画※HP http://www.hattorinanako.com
船山理也子/ガラス
渡辺ゆう子/ガラス※硝子工房ゆばなHP http://www.yubana-glass.com