カテゴリー別アーカイブ: Art & Breakfast Day 2017

Art & Breakfast Day International Vol.5  2017/9/2-3

ABDlogo

 

Art & Breakfast Day 三田村光土里サイトはここから

 

 

遺稿集web

 

只今準備中

只今準備中

Art & Breakfast Day in Minano (報告)
開催日 2017年9月2日(土)~3日(日)

9月2日(土)午後4時過ぎに秩父、皆野町日野沢の美術家安藤祐さんの家に集合。かつて養蚕が盛んだった日野沢は今では限界集落と言っても差し支えないくらいの山間の過疎地。空き家だった農家を使い勝手良く自力で改築した、しばらくぶりで実家に帰ったような気分になる居心地の良い家です。
参加者は老若男女12名で、主に曾て美学校で学んだり、今泉さんと長い間親交のあった方々です。

まずは秩父33カ所札所巡りを達成した後にご褒美で訪れる”満願の湯”で汗を流し、午後6時過ぎからすき焼き鍋をぐつぐつと煮ながらぼつぼつと始まりました。

テーマ:”「今泉省彦遺稿集」と戦後美術のパワーの源とは”:
遺稿集に出てくる言葉を拾うと、「美学校」が世に誕生する以前の、過激思想育成教育とか自立学校、「女のヒモで暮らす」、とか、怪しい言葉が所々に出て来ます。
50年代中頃から70年代にかけての美術運動の、この危うくも圧倒される”エネルギーの源”を探りたいと、一般論としてのアバンギャルドではない、リアルタイムでまさにこの時代を美術に携わってきた遠藤昭さんの話を聴きたいということと、また、遺稿集編集を手がけた照井さんから”今泉さんの魅力の本質”を遠藤さんの話と絡めてお話を伺うことを目的といたしました。
とは言え単なる講演会ではなく全員が自由に話に参加ができという場でもあり、他の参加者の話も聴く事が出来て一層充実した時間となりました。

参加者紹介
今泉省彦:美学校設立(1969年)に関わりまた前校長 2010年逝去(享年78歳)
遠藤昭:高等学校や聾学校等で美術教育に携わりつつ作品制作。分野は立体、平面ほか多岐に渡る。心は自由自在。やりたい事をやりたいようにやるがモットー。86歳 。今泉さんとは二人が学生時代に知り合った。
照井康夫:文芸春秋社にて数多くの書籍編集をてがけた。1982年に今泉省彦に出会う。退社後の仕事に小津安次郎、野田高梧らによる「蓼科日記抄」の編纂などがある。
他に美学校一期生の安藤祐、二期生の甲賀勝雄は美学校唯一の特待生。ほかにも卒業・現役の美学校生、家族参加もありました。

話は遠藤さんと今泉さんとの出会いから始まり、美学校の創成期のことや今泉さんの美術に対する姿勢などなど、興味は尽きずとうとう日が変わるころまで続き、深夜の満天の星の下で就寝となりました。
内容はここでは省きますが、後日 撮りましたビデオを編集の上 youtube に掲載を予定しています。

●「今泉省彦遺稿集-美術工作者の軌跡」(海鳥社)の情報は当サイトにも掲載。
●本の購入をご希望の場合は書店、海鳥社、土日画廊でも取り扱っております。

藤原安産堂

藤原安産堂

藤原安産堂2017.9-1

 

 

 

 

 

 

DSC_0134翌朝も快晴。安藤氏宅から歩いて7~8分程登り弘法大師の足跡といわれる石がある「藤原安産堂」まで散歩。寝不足の脳がすっきりしたところで、2階のアトリエ空間で安藤氏の制作途中の大きな作品群に囲まれコーヒー&ブレッドの簡単な朝ご飯。
本来はここからが「Art and Breakfast Day」の始まりなのですが、参加者のエネルギーは前夜すでに費やされ、みな多くを語らず。2013年の東日本大震災のDVDを観ることとなりました。
午後2時頃終了しました。

この時間・記録(ビデオ)が将来何か形になるかどうかは解りませんが、戦後日本美術の歴史のひとこまががその実践者の言葉で語られているということは重要なことだと存じます。
今後も遠藤氏には継続してお話を伺って行こうと考えています。残しておけば次の世代に役に立つことがあるかも知れませんから。(2017年9月 土日画廊 板橋)

—————————————————————————————————————————

A&B2017表紙
Art & Breakfast Day in Minano

開催日:2017年9月2日(土)夕方〜3日(日)午後
会場:美術家 安藤祐氏アトリエ(秩父郡皆野町)
参加者:有志10名
参加企画:土日画廊

テーマ:美学校前校長の遺稿集「美術工作者の軌跡・今泉省彦遺稿集」が2017.6月に発行されました。これを機会に久し振りに今泉さんのことなど語らいつつ、50年代からアバンギャルドの美術家としてその運動に深く関ってきた美術家 遠藤昭さんから当時の状況、エピソードなどを伺いつつ、質問感想などを交えた自由な会話の場になりますよう期待します。

7月展とArt & Breakfast Day International _ Donichigaroh Vol.2

「Art & Breakfast Day International _ Donichigaroh  Vol.2」
2015年8月16日 日曜日 終了いたしました。

「それまでの連日の暑さから多少は気温が低くなり、当日は晴れと曇りの間くらい。東側の壁面をはずして朝の光をいっぱい取り入れ開け放たれた窓からは夏の爽やかな空気が流れこんできます。
参加者は全部で6人。初対面同士の方もいらっしゃいましたが、すぐに打ち解け雑談もまじえながら、持参していただいた写真集の紹介、展示作品の感想など話がはずみ、なにげなく穏やかでゆっくりとした時間が流れていました。
参加者の皆様からも気持ちの良い時間を過ごす事ができたとご感想を頂き気を良くしているところですが、この企画を参加者のより積極的な美術へのアプローチを、あるいは画廊との関わりを深める機会にしようと目論んでいますので、はやくも次回開催方法のアイディアを考えているところです。
三田村三土里 さん、ご参加頂きました皆様へ 有り難うございました。」

DSC_0079

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「土日画廊「一日だけの虫干し」展」

開催日:2015年8月16日(日) 午前8時〜午後1時
参加の時間はご自由に、ご都合のよい時間帯にお出でください。
参加費:500円
要予約:定員10名くらいです。お電話・Faxでご連絡ください。

当日は、ゆっくりとお茶を飲んだり、シンプルな朝食を用意いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「Art & Breakfast」は、”インスタレーション”を背中にしょって世界を
駆け巡る作家、三田村光土里が発想、実行している美術の運動です。
至極普通の行為「食事をする」ということ=美術を鑑賞する;感じる
私たちの日常の行為と美術をもっと密接に;美術は日常の中に潜んでいる
というメッセージです。
三田村さんの活動の詳細は下のwebサイトでごらんください。

Art & Breakfast Day International Vol.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「虫干し」

土日画廊の8月は閉廊しております。
その間、事務処理など行っておりますが、特にコレクションさせて頂いた
作品の虫干しはそれなりのおお仕事となります。

休廊中の今回、展示作品は未定ですが折角のこの機会に 夏、この気候に
ふさわしい展示を考えています。
私たちが暮らすこの風土、春夏秋冬に沿う暮らし方に先人達は工夫を凝らし
てきましたね。
特に茶の湯における床の間のしつらえなどはその代表的なものでしょう。

特に最近の猛暑ではありますが、土日画廊の午前、繁る樹々の涼やかな
微風を期待して、この夏のひとときを美術の新しい「眼」を感じて頂けましたら
企画者としては幸福です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「7月展」
井上まさじ(アクリル画) + 甲賀勝雄(腐食銅版画)

2015年7月10日(金)〜7月26日(日) 7月25日(土)は休廊

井上さんは旧作から、甲賀さんは最近他画廊で開催された展示作品の中から
一部を拝借。それぞれ独自の技法で制作された見応えのある作品です。

 

井上まさじ ボードにアクリル450x450mm

井上まさじ
ボードにアクリル450x450mm

甲賀勝雄 腐食銅版画 500x180mm

甲賀勝雄
腐食銅版画 500x180mm