カテゴリー別アーカイブ: 05-大 鹿之助/大岩 巖

大岩 巖 (大 鹿之助)

略歴
大 鹿之助(dai shikanosuke)←大岩 巖 ← 大岩英夫

都立工芸高校 木工科 卒業
魔術学校 天使館 出身
彫る、描く、踏る 三位一体となって自身を生かしている。

———————————————————————————————————————
大 鹿之助 の 呼・吸 ー刻 描 踏ー
2019年11月14日(木)ー12月1日(日)

木彫、鉛筆デッサン、舞踏公演
刻む時、描く時、踏む時、全ては 大 鹿之助(大岩 巖から改名)の”呼と吸”の連続運動に集約される。それは詩(うた)であり、音声の無い声であり、言葉にならぬうめきのようでもあり、静かに、大 鹿之助の”呼”と”吸”の間を縫って”かたち”となり土日画廊の空間にその姿が現われる。

————————————————————————————————————–
大岩 巖 作品展 ー踏る・描くー
2016年10月13日(木)ー10月30日(日)

鉛筆デッサン、舞踏公演
白紙に点を打ち、線を引き、やがて形を持つ黒い鉛筆の塊になる。それは空間へと拡散して・踏る・という行為と溶け合う。大岩巖(大岩英夫)の世界は万物の総合だ。ゆっくりと、たっぷりと、一瞬、その前と、その先の未来とが行き来し、時間と空間をデザインする。