2022年

【岩野亮介 展 ー 肖像の研究 8】

2022年4月14日(木)ー5月1日(日)
OPEN 木金土日 12:00-19:00
CLOSE 月火水

作品「人像」
人体の関節を自由に動かすことができ、自立できるように造られた”人形”とも言える。
素材:本体は木や紙粘土など。等身大で制作されたり、レリーフ状のもの、小振りな
作品もあり、それぞれに実物の服を着せている。
「人像」はそれ自体が作品であるが、日常生活の風景の中に置かれて撮影され、周囲と像とが
平面の中で同等の銀粒子となる写真を作品にして制作の意図を複合的に考察することもある。

展示作品
紙粘土像 「しほちゃん」DM掲載 等身大
木像 等身大 3体
今回は立体のみの展示です。

略歴
1960 東京生まれ
1984 法政大学文学部史学科卒業
1986 東京藝術大学大学院保存修復科修了
1987 新制作協会展出品
1989~1997 新制作協会展出品
1998 個展 みずさわ画廊

2009 『齣展』(東京都美術館)
以後現在まで参加(2010,2011は美術館改修工事のため開催されず。)

他にも個展開催多数あります。

———————————————————————-
【常設展ー白 から モノクロームの表現へー】

3月3日(木)ー3月27日(日)
open 木金土日 12:00-18:00 (今回終了時間を変更しています。)
close 月火水 および 3月6日(日)

●展示作品
《井上まさじ》
井上さんの ’白’ は、いくつかの色彩を下に重ねて’’白く見える`工夫がある。
雪や大気などの具体的なイメージを感じる一方で、マチエールの物質感を隠さない。アクリル絵具を超越したアクリル画である。

《甲賀勝雄》
鉛筆で描く時に出る粉末を画面から取り除き、最後に残る微かな痕跡の堆積が何かのかたちになってゆく。展示の鉛筆画では、あたかも魑魅魍魎が重なり、絡み合うような世界。甲賀さんの世界だ。地層は万物のしかばねの堆積、そんな事を思い起こさせる鉛筆画。他に、銅版画1点。

甲賀勝雄 鉛筆画(部分)

《佐藤 省》
版画・コラージュ・テラコッタなど、多岐にわたる素材と技法で制作。作品のタイトルは”詩”を感じさせる。佐藤さんにとって言葉は重要な作品の一部。
今回展示のコレクション作品に漂う 風や火や土の’香り’が私は好きです。
1998年の個展からペーパードライポイントの作品を中心に4点を展示。

[掌のひらの漂流物]
アンチィーブが横たわる遙かな雲の皿の上

《末盛 徹》
既に鬼籍に入られた、メジャーなチョコレートの会社を立ち上げるなど活躍した
超サラリーマン。持病を抱えながら、一方で美術活動をしていた。
作品のタイトルは全て「哀原」。末盛さんの命を凝視め続ける言葉だと感じていた。
2回個展を開催させていただき、美術は末盛さんの心と社会を繋ぐ大切な糸だと捉えていました。

「哀 原」

《細川 明》
細川さんの ’色’ は美しい。繊細な中にも迷いを感じられず小気味良い。
下地の工夫もあるのかふっくらして色が温かく感じる。
窓や格子をテーマに、個展で作品を発表している。

「空白になった竹格子 或いは反転した窓」

—————————————————————–
【長野順子 銅版画展】
ー 無 限  夢 幻 むげん むげんー

2022年1月13日(木)ー1月30日(日)
開廊 木金土日 12:00-19:00 / 閉廊 月火水
長野さんの在廊予定:13(金)14(土)15(日)、以後各(土)(日)。

「月光胞子」225x150mm
エッチング、アクアチント

「月光胞子」225x150mm
エッチング、アクアチント
雪月花はその儚さ故に、遥か昔から人々を魅きつけ、
表現という行動に掻き立ててきました。
私たちの命は有限だからこそ、時空を超えて
夢幻の美を伝えてゆく想像力を
授かっているのだと思います。(長野順子)