[ 堀越照美 銅版画展 ]     

2019年6月13日(木)ー6月30日(日)
OPEN 木金土日 12:00ー19:00
CLOSE 月火水
堀越さんの在廊日時は画廊までお問い合わせください。

「銀の糸」36x31cm

生活の中に見出される”美しいとか愛らしい”ということ。その感情を銅版画に託して表現している。
庭や近隣に生息する植物や昆虫を観察し、スケッチから掘り起こされたアイディアは、週に何度か通う神保町にある美学校で銅版画の制作となる。発表の機会があろうがなかろうが制作は続く。
ただただありのままを映しているだけ、と堀越さんは謙遜されるが、その”欲”のないところが却って画風をシンプルに、主になるテーマをしっかりと捉えているのではないかと感じる。
この数年で線描にはますます磨きがかかり、画面にもスッキリしている中にも多重の奥行きが感じられ、ますます魅力的になっている。

========================================
========================================

————————————————————————-
<本の紹介>
詳細/購入ご希望の場合は 右の欄外「カテゴリー」→「本の紹介」欄を参照下さい。→
———————————————————————————————————–
・ルーマニア、マラムレッシュ に関する写真集2冊
写真:みやこうせい/フォト・エッセイスト
当画廊にてご覧頂けます。また販売手続きも行っております。

A「The center of the world,MARAMURES-世界の中心マラムレシュ」  20.9cm×28.9cm 216ページ

A「The center of the world,MARAMURES-世界の中心マラムレシュ」
 20.9cm×28.9cm 216ページ
ルーマニア最も美しい本コンクール・選定25点の一冊に選ばれ 写真、デザインの2部門入賞。

マラムレシュ2018web2

B「My Maramuresu,わたしのマラムレシュ」同サイズ、178ページ  両著ともフランス国立図書館所蔵。

———————————————————————————————————
・「美術工作者の軌跡/今泉省彦遺稿集」照井康夫編
海鳥社/定価2700円(本体2500円+税)
お買い求めは書店か当画廊で。ーーーーーーーー→ カテゴリー「本の紹介」欄参照