淺井健作 展    

【 彫刻家によるー盆や箱ーの作品 】

2022年6月9日(木)ー6月26日(日)
open 木金土日 12:00-19:00
close 月火水
ノミの彫り痕が瑞々しい箱や盆に加えて、野菜などの小さい木彫りも楽しく
彩を添えてくれます。
淺井健作


三角刀のV字を広げたように彫られる溝を組み合わせて幾何学的にデザインしています。
箱や板に施された彫りは、光の当り方や観る角度により陰影が変化して、四角の組み
合わせに見えたり渦のように見えたり、表情の変化が美しく楽しいです。
淺井さんは木彫作品の制作の一方でこの彫り方を利用した作品も制作しています。


トリックアートのレリーフ:コンサイス英和辞典のバリエーション(部分着彩)
サイズ 17x21x厚み3cm ~49x26x厚4cm   7点

作品の見え方の混乱を楽しむトリックアートは淺井作品の特徴の一つです。、
箱に施されたV字の彫りの装飾も、光や視線の位置で一瞬にして見え方が変化するという面白さ、
“図と地の反転” はトリックアートを思い起こさせます。

 

 

—————————————————————-