カテゴリー別アーカイブ: 2014年展覧会情報

須見祥子 展

2014年12月4日(木)〜12月21日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

須見さんは各土曜日、日曜日に在廊します。
須見祥子ホームページ

 

「月を見る」アクリル・鉛筆/395x305mm

「月を見る」アクリル・鉛筆/395x305mm

十数年間のメキシコ滞在にひとまず終止符をうち、この春に帰国しました。
メキシコでの生活、自然、文化で磨かれた鮮やかな色達に彩られた
作品をお楽しみ下さい。

井上まさじ 展

2014年10月30日(木)〜11月23日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

ボード・アクリル 297x210cm  2014年春

ボード・アクリル
297x210cm 2014年春

井上さんが時々滞在されるホテルのある目白は地下水の豊富な地域です。その水はるか奥秩父の甲武信ヶ岳を分水嶺として地下の水脈を流れ100年かけて地表に吹き出すのだそうです。
井上作品も制作途中でアトリエの棚に時が停まったかのようにかたずけられ、またある時には何度も絵の具の雨風を受け空気が吹き込まれ、そんなことが繰りかえされ,、あたかも地層のように絵の具が堆積してゆきます。100年とはいいませんが、かなり長い時を経てやっと最期の表層を与えら作品となります。

今年は残念ながら井上さんに来廊していただくことが出来ませんが、この春に制作された作品と今回の為の新作も交えて展示いたします。
是非ともご高覧いただけますようにご案内申し上げます。

竹田邦夫 展

メキシコ便り ● 木版画と銀細工

2014年10月17日(金)〜10月19日(日)
OPEN 12時〜19時

メキシコは行ったことのない方にはサボテンやテキーラ、それに トリオ ロス パンチョス くらいしか思い浮かばない遠い国だと感じていらっしゃるかも知れませんね。
苦節在墨42年、メキシコをこよなく愛する竹田さんの作品には、歓喜と哀愁が漂う日常的な空気感に満ちていてメキシコの魅力の一面を伝えてくれます。
3日間だけの展覧会、作家は毎日在廊して皆様をお待ちしております。

「街頭手回しオルガン弾き」ブローチ・ペンダント

「街頭手回しオルガン弾き」ブローチ・ペンダント

「レアル カトルセ村」 28x33.5cm

「レアル カトルセ村」
28×33.5cm

北川民次 銅版画展

「葉に囲まれた母子」 18x13cm

「葉に囲まれた母子」
18x13cm

 

2014年9月18日(木)〜10月12日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

北川民次(1894〜1989)19歳で渡米、ニューヨーク
で美術を学び、キューバを経てメキシコに14年間滞在。
その間、制作のかたわら児童の美術教育にも深く携わり、
芸術家ばかりではなく多くの人々と親交を温めた。
今回の作品は晩年の銅版画作品33点を展示。
メキシコの人々を思わせる逞しい姿が温かい眼差しで
描かれ、生涯に渡るメキシコへの想いが忍ばれます。

企画協力:金子勝則(川越画廊)

「虫干し」展

会期:7月17日(木)〜8月3日(日)
open 木曜日〜金曜日 12時〜19時

安藤祐、遠藤昭、鬼塚良昭、佐藤洋宜、末盛徹、高垣和 田尻幸子 ほか。

DSC_0006

田尻幸子2010 「ひかりのつぶ」

田尻幸子2010
「ひかりのつぶ」

 

 

 

 

 

 

「ひかりのつぶ」 再び旅の始まり。

「ひかりのつぶ」は田尻幸子さんが2010年ギャラリー水・土・木で開催した個展の作品の一部です。
終了後、何粒かがご縁あって土日画廊にやってきました。
しばらく休息状態にありましたが、このたび目覚め、再び旅を始めることにいたしました。
旅の様子はカテゴリー内「たきびNEWS」とフェイスブックにて報告致しますので時々はのぞいて
見てください。

ひかりのつぶ  となりの窓に・・・ 7.19(土)くもり時々小雨 

ひかりのつぶ となりの窓に・・・
7.19(土)くもり時々小雨

 

 

中西 和 展

「菜」40x40cm パネルに水彩紙・墨、顔料、水彩絵の具などで描画

「菜」40x40cm
パネルに水彩紙・墨、顔料、水彩絵の具などで描画

2014年6月12日(木)〜6月29日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

中西さんの描く世界はごくごく日常にありふれたものが多い。普段生活する中でかかわっている野菜や果物、生物類や何気ない風景。それらを気負いなく淡々と描かれる。瑞々しく、健やかに、時に寿ぐという印象もある。それらは万物の命の輝をあらわしているようにも感じられる。
「美しい」と感じることとはどういうことだろうと、作品を前にしてふとそんなことを思う。

田中 毅 石彫展 ー揺れる眼差しー

2014年5月8日(木)〜5月25日(日)
open 木曜日〜日曜日 12時〜19時

ー揺れる眼差しーシリーズ18点と他10点、合計28点ほどの作品を展示いたします。

「クラゲ虫」 黒御影石 16x17x16cm

「クラゲ虫」
黒御影石 16x17x16cm

1.くらげ虫1web

・田中さんは5月17日(土)のみ不在です。他日は毎日在廊されます。
・作品人気投票を開催:参加者に田中毅手描きイラスト付きTシャツ(全て一点もので、見れば欲しくなるです。)を抽選で「3名様」にプレゼント!!!

大人も子供も楽しい作品達。ほとんどの作品が架空の生命体をイメージしています。
子供達にはただただユニークで面白い作品も、その微妙に洗練された形態は田中さんならではのもので、その造形感覚にはいつも脱帽。まずは触ってなでなでして、あとはご本人に接してみてください。

佐々木良枝 展

「バランス感覚」

 

2014年 4月10日(木)〜4月27日(日)

OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

リトグラフによる作品です。
「描く」ように版を重ね、豊かな色彩で見えなかったものが視覚化される時、作家は心の風景に出会うのです。

 

常設

● 井上まさじ展示室をオープン

会期 2014年3月13日(木)〜3月16日(日)、
3月27日(木)〜3月30日(日)
時間 12時〜19時

アクリル絵の具を何層にも重ねては削ることを繰り返して描きます。
描く動作はシンプルな動きですが、絵の具を重ねて行く中に「景色」が
現れ、あたかも複雑に絡み合う自然界の様相を呈してきます。

● 毎年、春一番の定例個展を札幌で開催しています。
北国の大気を吸いながら鑑賞する井上作品には、東京での個展とはひと味ちがう
印象を持たれるかもしれません。
お仕事やご旅行でお出での際には是非お立ち寄りくださいませ。

井上まさじ展
2014年4月16日(水)〜5月11日(日)
於、ギャラリーミヤシタ 札幌

 

DSC_0049

「井上まさじ 展示室」
オープンしています。
春がやって来ています。
穏やかな空間でゆっくりとお過ごしくださいませ。 

ひなまつり展

2014年2月13日(木)〜3月2日(日)
OPEN 木曜日〜日曜日 12時〜19時

参加作家 
赤枝由子/イラスト・オブジェ
小野加奈子/刺繍雑貨
小野由美子/アクセサリー
長野順子/銅版画・人形
船山理也子/ガラス
渡辺ゆう子/ガラス
特別出品
人体コラージュ/美学校AESS「子供のアトリエ」より

ひな祭りIMG3

今年も桃の節句にかこつけて春の到来を愛でるお祭りです。
1立方メートルの小さなショップが6っつ。それぞれ個性豊かな作品で
華咲かせませす。
うららかな日々を期待しつつお待ち申し上げております。