John Read Exhibition

2018年4月12日(木)ー4月29日(日)
open 木金土日 12:00-19:00
close 月火水
Readさん在廊:4月12日(木)ー15日(日)

“Songs of the Earth – Remergence 2” (John Read 2018). Local clays, plaster, Japanese garden twine, acrylic medium and colours, on scorched wood panel. Size H 570mm  x W 400mm

“Songs of the Earth – Remergence 2” (John Read 2018).
Local clays, plaster, Japanese garden twine, acrylic medium and colours, on scorched wood panel.
Size H 570mm  x W 400mm

“Songs of the Earth – Return of the Repressed 1 – colour” (John Read 2018) [Smaller version] Printed by the artist. Archival digital pigment print on 315 gsm Innova “Edition Etching" 100% cotton paper”. Size of paper 40 x 40 cms. Edition of 20

“Songs of the Earth – Return of the Repressed 1 – colour” (John Read 2018) [Smaller version] Printed by the artist.
Archival digital pigment print on 315 gsm Innova “Edition Etching” 100% cotton paper”.
Size of paper 40 x 40 cms.
Edition of 20


展示作品:
「Songs of the Earth 」シリーズ (2018)
「Eclogue」シリーズ (2017)  ほか。
レリーフやデジタルプリントで制作。 約30点を展示いたします。

「私の作品には必ずどこかに自伝的な部分がある・・・」(John Read HPテキストより)。”自伝”とは拡大解釈すれば地球の歴史が歩んで来た痕跡とか自他を含む民族の文化とか、これまでの自分が感受してきた全ての体験を含むということだろう。1971年美術大学を卒業後、様々な仕事をしているうちに日本と出会う。特に茶道の精神からは大きな影響を受けて来たという。
制作は、絵画、彫刻、版画、写真など広範囲に及ぶ。
John Read HP (一部日本語に翻訳されたテキストもあります。)
Readさんは創作活動の他に、世界中の版画作家の連携を目指して組織された
“Prism Print International” のキューレーターとしても、英国内外の各地で合同展を企画開催するなど精力的に活動されています。ここには日本の版画家の方々も参加、交流を深めています。

Cambridge 1948生まれ:Suffolk, England在住
Cambridge School of Art, 1965-67
Camberwell School of Art, London, 1968-71,BA(Fine Art)
Open University BA(Humanities)studies,1997-2000
University of East Anglia, Norwich, 2000-1, MA(Culture and Communication)
University of East Anglia PhD Research 2000-05
Student of Sado (Japanese”Tea Ceremony), Urasenke Foundation,London1978-95
Lecturer Cambridge School of Arts 1978-87
Established “John Read Design”, 1984 onwards, “The Rock-Horse Studio Press”, 2010
Co-founder “Prism Print International”, 2012

「私の作品には必ずどこかに自伝的な部分がある・・・」(John Read HPテキストより)。”自伝”とは拡大解釈すれば地球の歴史が歩んで来た痕跡とか自他を含む民族の文化とか、これまでの自分が感受してきた全ての体験を含むということだろう。ケンブリッジ出身 1971年美術大学を卒業後、様々な仕事をしているうちに日本と出会う。特に茶道の精神からは大きな影響を受けて来たという。制作は、絵画、彫刻、版画、写真など広範囲に及ぶ。
John Read HP (一部日本語に翻訳されたテキストもあります。)
Readさんは創作活動の他に、世界中の版画作家の連携を目指して組織された
Prism Print International” のキューレーターとしても、英国内外の各地で合同展を企画開催するなど精力的に活動されています。ここには日本の版画家の方々も参加、交流を深めています。